2012年 01月 29日

リサ・バティアシュビリのブラームス/ヴァイオリン協奏曲

今日のN響アワーで、リサ・バティアシュビリの弾くブラームス/ヴァイオリン協奏曲を聴く。

この人の演奏を聴きたいと思っていた。

これは期待を遥かに上回る素晴らしい演奏だった。

技術と情熱のバランス、歌心に満ちた歌い回しとハンガリー風のフレーズの弾き分けのメリハリ。

骨太にして豊穣な音色も大きな魅力。

この人と、イザベル・ファウストの二人のヴァイオリニストが今の僕のマイブームになりました。
[PR]

by maru33340 | 2012-01-29 22:41 | お勧めの本 | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/17133664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 新・はんきちのつぶやき at 2012-02-02 01:30
タイトル : 東欧と亜細亜のはざま・・・リサ・バティアシュヴィリのブラ..
リサ・バティアシュヴィリのその録画をビデオでようやっと観た。maruさんの絶賛と、Saheiziさんの年末の繊細にして迫力もあるしたそのひとのものだ。ビデオは12/9の演奏、Saheiziさんはその翌日の公演のようだ。 ブラームスのヴァイオリン協奏曲は、ぼくは学生時代から浪速の漫才のような曲だと信じて疑わなかったのだけれども、リサの演奏はそれを底辺から覆した。凛とした跳躍の曲だった。厳しい姿勢と柔軟なる優しさの混合。 彼女は、しとやかで控えめさのなかから精神を滲みださせるような身のこなし(...... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2012-02-18 11:17
タイトル : ミルシテイン&カラヤンのブラームス:ヴァイオリン協奏曲/..
地にしっかりと足がついた力感溢れる重厚な演奏を繰り広げている。... more
Tracked from MusicArena at 2013-09-12 13:49
タイトル : Brahms: Vn-Con Op.77@Lisa Ba..
リサ・バティアシュヴィリの春の新譜でブラコン、その他。なお、この盤はバティアシュヴィリのDG移籍第二弾となる。 http://tower.jp/item/3177495 Brahms:Violin Concerto in D major, Op.77 Lisa Batiashvili (Vn) Staatskapelle Dresden, Christian Thielemann Clara Schumann: Romances, Op.22 Lisa Batias...... more
Commented by k_hankichi at 2012-01-30 00:49
Lisaと名がつく人に、間違いはありません。
Commented by maru33340 at 2012-01-30 07:21
いやあ素晴らしいヴァイオリニストなり。


<< 研修三昧の1週間      酒を飲む吉田健一 >>