2012年 04月 29日

天上の音楽としてのカサドシュ/セルによるモーツァルトピアノ協奏曲

薫風香るこの季節には、モーツァルトのピアノ協奏曲ほどふさわしい音楽はない。

昨日から、カサドシュ/セルによる演奏を聴きなおし、やはりこれは稀有の名演と感じ入っている。

カサドシュのビアノの音色はどこまでも蒼く澄み、初夏の高原をわたる風のように心地よい。

短調のフレーズも、重々しくなり過ぎず、蒼い空にうっすらと刷毛で淡くグレーを重ねるような翳りを与えて、また軽やかな舞に戻り、その程の良さが翳りを一層引き立たせるのだ。

セルの指揮も涼やかで濁りのない玲瓏な演奏でカサドシュのピアノに寄り添う。

明日から五月が始まるのだ。
[PR]

by maru33340 | 2012-04-29 22:58 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/17483515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2012-04-30 00:20
カザドシュのピアノは、きちんと聴いたことがないので、しかし優しげな音がそよかぜのように流れている気がします。

ジョージ・セルは、むかしの石丸電気の黄色いレコード袋のイラストの一つにあった漫画のイメージ(やんちゃオジサン)がどうしても頭から離れずで、どうしてもきちんと向かうことをしていませんでした。優しいオジサンだったんだなあ…。
Commented by maru33340 at 2012-05-01 08:30
カサドシュのピアノの涼しい音色はいいですよ。


<< 厳しいワルター      明日からGW >>