新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 31日

静謐な時間に満たされる小説『喜嶋先生の静かな世界』

今日はシフトでお休み。

昨日読み始めた森博嗣の小説『喜嶋先生の静かな世界』を午前中バッハの平均律を聴きながら読み続け、読了した。

大学院の研究室で出会った喜嶋先生との交流と学問の世界の奥深さ純粋さを描いて秀逸な小説であった。

喜嶋先生は、ただ研究だけのために純粋に生きる、世間的には変わり者(ハードナッツ)と思われる人物だけれど、その純粋無垢で一途な生き方に心を打たれる。

学問をするとはどういうことか、研究とは何か・・・

僕も30数年前ほんの少しだけれど、学校に残って学問を続けたいと思ったことがあったことを、久しぶりに思い出した。

もしその頃にこの小説に出会っていれば、多少の苦労をしてでも学問を続けようと決意したかも知れない。

そして、会社員としての30数年の酔生夢死のような日々を、少し苦い気持ちで振り返った。

この小説の核になると思える次のような文章。
「学問には王道しかない。それは、考えれば考えるほど、人間の美しい生き方を表していると思う。美しいとは、そういう姿勢を示す言葉だ。考えるだけで涙が出るほど、身震いするほど、ただただ美しい。悲しいのでもなく、楽しいのでもなく、純粋に美しいのだと感じる。そんな道が王道なのだ。(中略)どちらへ進むべきか迷ったときには、いつも「どちらが王道か」と僕は考えた。それはおおむね、歩くのが難しい方、抵抗が強い方、厳しく辛い道の方だった。困難な方を選んでおけば、絶対に後悔することがない、ということを喜嶋先生は教えてくれた。」

この言葉は、この小説のラストの衝撃とともに僕の心に深く残った。

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)

森 博嗣 / 講談社


[PR]

by maru33340 | 2013-10-31 11:37 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/20729381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2013-10-31 14:09 x
今日はお休みでいらっしゃるんですね^^
この方の本は知りませんでした。読まなければ(^・^)
Commented by k_hankichi at 2013-11-01 00:24
酔生夢死。困難な方を選んでおけば、絶対に後悔することがない。両方ともに、胸に刺さります・・・。
Commented by maru33340 at 2013-11-01 06:05
おようさん
はんきちさん
この静かな小説を偶然読みましたが、間違いなく名著でした。
Commented by saheizi-inokori at 2013-11-01 10:13
小説を読んでいると後悔の念に襲われることがままあります。
そういう小説はよくできた小説なんでしょうね。


<< スマホを忘れてスクーリングに参...      穏やかな陽だまりのようなシュ・... >>