新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 02日

藤田嗣治の装丁でモーツァルトを聴く

f0061531_215641.jpg
過日、神保町の中古CDショップで、何となく棚を見ていたら、どうも藤田嗣治の絵をジャケットにあしらったらしいCDを見つけた。

少し調べてみるとこの女性は、このCDの演奏者のフェリシア・ブルメンタールという1908年生まれのピアニストで、確かにこの肖像画は藤田嗣治が1957年に描いたものであった。

フェリシア・ブルメンタールはポーランド生まれのピアニストで、10歳でコンサートデビューし、将来を嘱望されたが、1942年にナチスの台頭してきたヨーロッパを離れて、夫であり画家のマルクス・ミツネとともにブラジルに移住。
戦後、1962年にミラノに、1973年にロンドンに移住し、1991年演奏旅行の最中にイスラエルで客死した。

そのレパートリーは、バロック音楽から南米の現代音楽までと多彩だが、録音はマイナーレーベルのみであり、今や幻のピアニストの一人であるらしい。

このCDのモーツァルトのピアノ協奏曲の演奏(1971年録音)は、端正で溌剌としていて、現代音楽を得意としていただけあり切れ味鋭いなかなかの名演。
レオポルド・ハーガー指揮ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団の伴奏も澄んだ音色が心地よい。

これはもしかすると、隠れた名盤ではあるまいか?



[PR]

by maru33340 | 2014-06-02 21:56 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/22197962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by s_numabe at 2014-06-03 02:45
然り、これぞ隠れたる名盤なり。ブルメンタールのモーツァルトはLP時代から知る人ぞ知る存在でした。同じ演奏者、同一ジャケット色違いで、「20&21番」もあって、こちらも甲乙つけがたい秀演。更にもう一枚、これはCDにはならなかったけれど「18世紀ポルトガルの鍵盤音楽」というアルバムもあって、これが絶句するほど素晴らしかった。こちらのジャケットには同じ藤田による肖像画スケッチがあしらわれていました(LPはすべて音響メーカーのトリオから発売)。
ともあれ、発掘なさったCDは珠玉の名演奏、砂に埋もれたダイヤモンドに相違ありません。こういう掘出物があるから、中古屋巡りはやめられませんね!
Commented by maru33340 at 2014-06-03 06:00
numabeさま
ご教授ありがとうございます!
やはりそうでしたか。何となく棚のあたりから呼ばれる気がして手に取りました。
全くの偶然とはいえ、こうした発見は嬉しいものですね。
Commented by およう at 2014-06-03 06:42 x
凄い!やはりモーツアルトが呼んでいらっしゃいましたね(^_^)v
Commented by k_hankichi at 2014-06-03 06:52
フジタの絵をジャケットにしたもの・・・。すごいなあ。ランスに出来る(出来た?)フジタ美術館にも音盤を出品したいほど。もちろん絵とともに。フジタも彼女の演奏を聴いたのでしょうねえ。
Commented by maru33340 at 2014-06-03 07:22
おようさん
呼ばれましたね(^^;
Commented by maru33340 at 2014-06-03 07:24
はんきちさん
確かにフジタも彼女の演奏聴いたのでしょうね。
Commented by yymoon at 2014-09-13 11:03 x
はじめまして。
フェリシア・ブルメンタールを検索していておじゃましました。
私も最近この人の20番21番のLPを入手し、ブログ記事にしたものですから。
トリオレコードが隠れた名演を探していたときの1枚かもしれません。
Commented by maru33340 at 2014-09-13 17:35
はじめまして。
コメントありがとうございました。
LP で聴くこの演奏なかなか味わい深そうですね。


<< 淡雪のようなケンプのモーツァルト      静岡で最高のモーツァルトを聴く >>