新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 09日

昭和からの呼び声

f0061531_5413585.jpg

夜半「ラジオ深夜便」を聞いていたら、女優の木野花さんが青函連絡船について語っていた。

青函連絡船には高校生の頃北海道への修学旅行の時に乗ったことがある。
この船は青函トンネルの完成により昭和63年に就航を終えたからまさに昭和と共に姿を消したことになるなあ、などと考えていたら、今は姿を消した昭和のあれこれと共に小学生から高校生の頃の日々を思い出した。

小学生の頃、まだ大阪に住んでいたので何度も通った万博で1度だけ「月の石」を見たこと。

父の転勤のため東京に引っ越し、その勤め先の旧丸ビルを見に行ったこと。

有楽町にあった旧日劇で映画(「キングコング」だったか)を見たこと。

今はなき浅草国際劇場にその頃ファンだった小柳ルミ子ショーを見に行ったこと。

54歳の若さで亡くなった爆笑王先代林家三平の高座を1度だけ生で見たこと。

まさに日本の高度経済成長とその終焉に向かう時代のど真ん中に、若き日を過ごしてきたのだなあ…
[PR]

by maru33340 | 2016-09-09 05:41 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/25825779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2016-09-09 07:57
偶然、今朝ぼくも小学生時代の秋のことを思い出していました。昭和40年代のことでした。
Commented by saheizi-inokori at 2016-09-09 08:41
中学の修学旅行で浅草SKDのダンスを見てたまげました。
映画も見た記憶(「禁じられた遊び」)があるのですが、両方やったのか、それとも別の機会とごっちゃになっているのか。
Commented by Oyo- at 2016-09-09 10:48 x
maru殿も昔を懐かしんでいる^^ 今日のお天気はそんな日なのでしょうか(^・^) 
旧丸ビルも懐かしいー!父上もそこにいらしたのですねー(*^^)v
Commented by maru33340 at 2016-09-10 06:43
皆さま
それにつけても、まさに昭和は遠くなりにけり、の感慨ありですね。


<< 晩夏の夜更けに      ラジオから聞こえる遠い響き >>