新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 08日

久保田万太郎のことなど

f0061531_20381674.jpg

長編小説を読み終えた後はあまり長い物語を読むような心持ちになれないので、本棚から久保田万太郎の俳句を集めた本『こでまり抄』(ふらんす堂)を取り出して眺める。

小振りですっきりとした装幀も好ましい。

久保田万太郎は浅草に生まれた小説家・劇作家・俳人。
若い時にも少し読んだけれど、この歳になって再読するとその俳句がじんわりと心にしみるよう。

いくつか。

ぬれそめてあかるき屋根や夕時雨

年の暮れ形見に帯をもらひけり

あきかぜのふきぬけゆくや人の中

湯豆腐やいのちのはてのうすあかり

小でまりの花に風いで来たりけり
[PR]

by maru33340 | 2017-03-08 20:38 | お勧めの本 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/27622296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2017-03-08 21:42
根岸の「笹乃雪」に緊張して行ったことなど懐かしいです。
Commented by maru33340 at 2017-03-08 23:13
最近また浅草が懐かしく思えます。
Commented by Oyo- at 2017-03-09 06:52 x
『小でまりの花に風いで来たりけり』いいですねー^^
Commented by maru33340 at 2017-03-09 07:37
おようさん
久保田万太郎の日本語の響きにひかれます。
Commented by k_hankichi at 2017-03-09 19:41
俳句、よいなあ!
最近、乾いています。染み込ませたい。
Commented by maru33340 at 2017-03-09 20:28
ええよ、俳句。


<< 『騎士団長殺し』から『ドン・ジ...      村上春樹の新刊は >>