新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 25日

トーマス・マンの亡命日記

f0061531_5451614.jpg

1933年1月30日、ナチ党党首のアドルフ・ヒトラーが政権についた。
同年3月15日トーマス・マンは改めて日記を書き始める。その時マンは58歳。日記はマンが80歳で亡くなる1955年まで書き続けられた。

彼はヒトラー政権を痛烈に批判し亡命生活を強いられ、戦後もアメリカにとどまり執筆や講演活動を続ける。

池内紀によるこのエッセイはトーマス・マンの日記のエッセンスから激動の時代とマン自身の姿を描き出し興味が尽きない。
時代との闘いぶりを縦軸に、常にダンディーだった彼が写真を撮られる事が大好きで周到な準備をして撮影に臨む姿などのエピソードも楽しい。
[PR]

by maru33340 | 2017-08-25 05:45 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/28094720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2017-08-25 06:30 x
読みたいです^^ ダンディ・・・maru氏みたい(*^_^*)
Commented by maru33340 at 2017-08-26 12:52
おようさん
恐縮です(^^;
Commented by k_hankichi at 2017-08-26 21:52
ナチスに対してどんなことを書いていたのだろう。読みたい!
Commented by maru33340 at 2017-08-27 04:54
はんきちさん
面白いよ!


<< 雲は秋色に染まり      どこまでも自然体なバッハ >>