新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 11日

『薔薇の沈黙』(辻邦生)を読む

昔のブログを何気なく読み返していて、こんな記事を見つけた。
9年前(2007年7月29日)の記事。
この頃は金沢にいた。
今はあまり長い文章が書けないけれど、当時のブログを読み返すとわりに長い文章を書いている。
少し反省。

(以下、自戒の意味で再掲載します)

基本的に飛行機が好きではない。
あの着陸するときに気圧で耳が痛くなる感じにどうしても慣れないから。
しかし、仕事で東京に出張する時はやむを得ず飛行機に乗る。

飛行機の中では(時間が短いこともあり、またどうも緊張してしまい気分が乗らず)本を読むことはしていなかった。
とはいえ何度か続けて飛行機に乗る羽目になり、幾分慣れてきたので、先日、東京から小松空港に向かう飛行機の中で堀江敏幸さんの『バン・マリーへの手紙』を読んでいたら、リルケの『マルテの手記』からの次のような引用に引き込まれた。


一行の詩をつくるのには、さまざまな町を、人を、物をみていなくてはならない。動物の心を知り、鳥の飛ぶさまを感じ、小さな花が朝に開く姿をきわめなくてはならない。知らない土地の路地、思いがけない邂逅、虫が知らせた別離、-まだ明らかにされていない幼年時代のころ、そして両親のことを。(中略)また、臨終の者の枕辺にも座したことがなくてはならない。窓をあけはなち、つき出すような嗚咽の聞こえる部屋で死者のそばに座した経験がなくてはならない。
しかし、思い出を持つだけでは十分ではない。思い出が多くなったら、それを忘れることができなければならない。再び思い出がよみがえるまで気長に静かに待つ辛抱がなくてはならない。思い出だけでは十分ではないからである。思い出が僕たちのなかで、血となり、眼差しとなり、表情となり、名前を失い、僕たちと区別がなくなったときに、恵まれたまれな瞬間に、一行の詩の最初の言葉が思い出の中に燦然と現れ浮かび上がるのである。

この文章は僕にはとても気に入りました。
読み通したことがない『マルテの手記』を読みたいと思い、リルケについて少し調べようと、辻邦生さんの『薔薇の沈黙』を取り寄せ、昨日・今日で一気に読了。
これは、(まだまだ理解できてないこともたくさんあるけれど)とても美しい本でした。

辻夫人の後書きによれば、これは辻邦生の逝去によって未完に終わった彼の最後の本であるとのこと。
そして辻邦生の逝去した日付を知り、その偶然にとても驚きました。

辻邦夫は1999年7月29日に逝去し、今日はその命日でした・・・

薔薇の沈黙―リルケ論の試み
辻 邦生 / / 筑摩書房
ISBN : 4480838023
スコア選択:
[PR]

by maru33340 | 2016-05-11 22:29 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/6004019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2016-05-11 20:41 x
思い出しました^^ 貴殿のこの記事。森有正の弟子である辻邦夫と奥方、彼のプライド高い文章に少し距離をおいていました。
パウル・クレーの詩にこんなのがあります。
 `遠くの魂よ,お願いです。ぼくを深くしてください。’
Commented by maru33340 at 2016-05-12 06:42
パウル・クレーの詩、良いですね。
クレーは学生時代から僕の最も好きな画家です。
Commented by k_hankichi at 2016-05-14 19:19
薔薇の沈黙、知りませんでした。ぜひ、読みたい。まさに平野啓一郎もリルケを、たくさん紐解いていた。
Commented by maru33340 at 2016-05-15 05:56
『薔薇の沈黙』良かった。古本屋で入手して読んだなあ。たぶん今年はリルケ(詩というジャンルも)が来る予感がします。


<< オバマ大統領の広島スピーチ全文を読む      マーラーの豊饒な世界を堪能する >>