新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 14日

リリア寄席で小三治をきく

今日は家の近くのリリアホールで小三治をきく。
演目は「野ざらし」。小三治でこの噺をきくのは初めて。今日は喉の調子も良さそうで、ノリもよく楽しそうに演じていて一安心。なんだかまた一つ大きな存在になったような…
帰宅後NHKの「プロフェッショナル」で小三治さんの壮絶な日々を知る。いやはやなんとも格好よい!
[PR]

by maru33340 | 2008-10-14 23:43 | お勧めの本 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://maru33340.exblog.jp/tb/9380757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2008-10-16 07:22
タイトル : 小三治さん 体を大事にね NHKTV「プロフェッショナル..
コンさんのコメントで教えていただいて、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀 小三治特集」を観た。 ブログ論壇じゃなくて「ブログ趣味の輪」、嬉しいね。 師匠の小さんに「お前の噺は面白くない」とにべもなく云われてじゃあ、面白いってどういうことか?と悩みに悩む。 志ん生の言葉面白くしようと思ったら面白くしようとしないことだ人づてに聴いて豁然として悟った。 創ってもこんないい話は出来ない。 (11日の記事に「志ん生の一言ひとことに反応する寄席の雰囲気が、小三治を聴く幸福感とそっくりだった...... more
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2008-10-16 07:26
タイトル : 自然体の名人 柳家小三治「野ざらし」 新宿・末廣亭
日曜日には朝8時から並んで席取りをして能をみた。 11時45分から途中休憩もあるけれど仕舞が「雲雀山」「船橋」「経政」の三つ、狂言「磁石」、能が「満仲(まんぢう)」「夕顔」「大会(おおえ)」の三つを観終わったのが夕方の5時近い。 感想を忘れないうちに書こうと思うが、チョイと疲れているのでもう少し後で。 疲れたといいながら昨夜は新宿末廣亭に行った。 柳家小三治が夜主任、めったに観ることが出来ないから万障繰り合わせて。 末廣亭の二階が一杯になるのもめったにないことだ。 桂才賀、川柳川柳な...... more
Commented by saheizi-inokori at 2008-10-15 07:33
ここでも野ざらしがちょっと出ましたね^^。
Commented by maru at 2008-10-15 12:29 x
saheizi様
何と言うか誰よりも小三治さんがこの噺を楽しんでいて、それを見ているとこちらまで幸せになるような高座でした。


<< エレーヌ・グリモーのバッハ      フェルメール展へ >>