新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 04日 ( 3 )


2011年 09月 04日

内田光子のシューベルト「即興曲」

この「即興曲」という曲に出会い、シューベルト・アレルギー(怖かったのだ)が治ったようで、先日内田光子による演奏を購入。

この演奏はやはり少し怖いけれど、ピリスの演奏によって免疫がついたので、聴く事が出来るようになった。

内田光子の演奏は、例えば、キラキラ眩しく光る海を気持ち良く泳いでいるときに、ふと海底に目を落とすと、そこが思いがけず深い深淵であることに気づき背筋が凍るよう気持ちになるような、人間性の深淵を垣間見せるような演奏である。

怖いけれど美しい、しかしピリスの演奏のように何度も聴いて楽しくなれる演奏とは少し違い、僕には一生の内に数回聴ければ十分という演奏である。

ピリスの演奏が「生」を向いているとすれば、内田光子の演奏は「死」を見据えている。

まあアフェナシェフ程は怖くはないけれど…
(次回は挑戦しようかなあ、まだ早いかなあ…)
[PR]

by maru33340 | 2011-09-04 22:54 | お勧めの本 | Trackback | Comments(1)
2011年 09月 04日

こんな粗末な音であっても…

3月の計画停電の時に、近くのヤマダ電機に携帯用ラジオを買いに走ったけれど、時既に遅く見事に品切れ。

仕方なく一番安いCDラジカセを買った。

自分の部屋で寝る前や本を読む時、BGMとして音楽を聴くときに、時折このラジカセでCDを聴く。

もちろん音はペラペラに薄く乾いていて問題にならない程音は悪い。

けれど今日久しぶりにグールドによるバッハのゴールドベルク変奏曲(55年版)を聴いていて、こんなに粗末な音なのに、グールドの想いやらバッハの信仰心やらがストレートに心に伝わってくるのに驚いた。

もちろんもっと良い音で聴けばもっと大きな感動があるやも知れないけれど、こんな粗末な音であってもしっかりと伝わる演奏や音楽があることの喜びもまた格別なものだと知った。
[PR]

by maru33340 | 2011-09-04 13:14 | お勧めの本 | Trackback | Comments(7)
2011年 09月 04日

レウ゛ィナス『他者と死者』を(とりあえず)読了する

昨日一日で『他者と死者』を読了。

見事なまでにわからなかった。

しかし、こんなにわからない本を最後まで読み終えることが出来たのは、やはり面白かったからだとは思う。

では一体何が面白かったのかと言われたら、その語り口なのかも知れない。

例えばレウ゛ィナスの次のような文章。

「無秩序な世界、善が勝利に至らない世界における犠牲者の立場、それが受苦である。」

この言葉自体はわからないけれど、レウ゛ィナスがユダヤ人でありながら、家族や親しい人とは異なり、アウシュヴィッツを生き残った人間である事を思うと少し理解出来るような気がする。

そんなヒントを内田樹は随所に仕掛けている。

彼のプロデュース力に導かれ、うっかり読了してしまったのかも知れない。
[PR]

by maru33340 | 2011-09-04 07:06 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)