新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 12日 ( 1 )


2017年 03月 12日

『騎士団長殺し』から『ドン・ジョヴァンニ』へ

f0061531_9521842.jpg

村上春樹の新刊『騎士団長殺し』では一枚の日本画が重要な役割を持つけれど、いつもの彼の小説にも増してクラシック音楽も直接そのテーマに関わってくる。

中でもタイトルからしてそのものズバリのように『ドン・ジョヴァンニ』はこの小説に通奏低音のように流れ続けているから、読みながら聴きたくてたまらなくなってくる。

演奏はやはり重厚で迫力のあるオットー・クレンペラーによるものが、冒頭の一音から僕を引きこんで込んで離さない。
[PR]

by maru33340 | 2017-03-12 09:52 | 未分類 | Trackback | Comments(5)