新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 27日 ( 1 )


2017年 08月 27日

拾い読みという秘かな楽しみ

f0061531_6123985.jpg

昨日の「日経新聞」の読書コラムで作家の星野智幸さんの「拾い読みって、じつは読書の秘かにして最大の楽しみだと思っている。適当にページをめくり、目に入った文章を読むだけで、もう陶酔してくる」という言葉を読んで、少し試したくなり本棚から適当に取り出した本のパッと開いたページを拾い読みしてみた。

面白かった。

読んだはずの本が全く違う顔を見せてくれ、ついつい先を読みたくなる。

今まで長い間「本は頭から読まなくては」という思い込みに囚われていたかも知れません。

写真はそうして昨日拾い読みした本。
あまりの脈絡のなさに我ながら呆れるけれど(^^;

[PR]

by maru33340 | 2017-08-27 06:12 | お勧めの本 | Trackback | Comments(5)