カテゴリ:TV( 40 )


2014年 10月 19日

NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年~」は素晴らしい番組だった

今夜のNHKスペシャル「カラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年~」は素晴らしい番組だった。
http://www.nhk.or.jp/special/phoenix/

関東大震災、東京大空襲、何度も壊滅的な打撃を受けながら復活をとげてきた東京の姿は、カラーの映像で復元されると臨場感を持って身に迫ってくる。

印象的だったのは、第1に戦後直後までの日本人の笑顔が美しいこと。
どんなに貧しくても日々の生活をたくましく生き抜き工夫を凝らし、楽しもうとする明るい人々の姿はすがすがしい。

第2に深く胸を打たれたのは、戦前の学徒動員の大集会の会場であった神宮外苑の競技場が、1964年の東京オリンピックの開会式の会場であったと改めて知らされたこと。

かつて二度と祖国に戻れぬと知って戦地に赴いた若い人々が悲愴な想いで歩いたその場所を、二十数年後に世界中の若きアスリートが華々しく行進している姿は、カラー映像であるからこそ一層生々しく、時の移り変わりの残酷ささえ感じた。

ナレーションで語られる杉本苑子の「過去は今につながり、今は過去につながっている。そのことが私には恐ろしい。」という言葉は重く胸に残った。

その矛盾のひずみのもたらす痛みを、土地に刻まれた歴史の重みを、かつて国を信じ犠牲になった若い人々の無念を忘れてはならないと思い、しばし言葉を失った。


[PR]

by maru33340 | 2014-10-19 23:49 | TV | Trackback | Comments(4)
2013年 01月 07日

『八重の桜』とマックス・ウエーバー

昨夜から始まった大河ドラマ『八重の桜』は良かった。

カメラ、テーマ、脚本、役者・・・全てがピタリとはまっており、『龍馬伝』以来の名作の誕生の予感を感じた。

幕末という時代を描いたドラマは無数にあるけれど、佐久間象山、吉田松陰らの交流を描いて、こんなに身が震えるほどの共感を感じたのは久しぶりだ。

さて、このドラマの重要なテーマである。会津藩の「什の掟」の最後の言葉「ならぬことはならぬものです」を聞きながら、ふいにマックス・ウエーバーが「責任倫理」について書いた言葉を思い出した。

「結果に対するこの責任を痛切に感じ、責任倫理に従って行動する、成熟した人間ー老若を問わないーがある地点まで来て、『私としてはこうするよりほかない。私はここに踏みとどまる』(ルターの言葉)と言うなら、測り知れない感動を受ける。
これは人間的で純粋で魂を動かす情景である。」
(『職業としての政治』より)

ペシミズムの中にありながらそれに耐える個人、時代がそうした人間像を再び求めているのではないか、そんな予感を感じながら、ドラマの1回目を見終えた。

今後の展開に期待です。
[PR]

by maru33340 | 2013-01-07 06:28 | TV | Trackback | Comments(4)
2012年 09月 02日

福原希己江の『おいしいうた』

『深夜食道』という漫画があって、時折買って読んで楽しんでいる。

夜中だけ開店している裏町のひっそりとした食道。

そこに集まる名もない人達のささやかなドラマを描いてなんだかほっとする漫画だ。

これはドラマにもなっていて、こちらも評判良いけれど僕は残念ながら観ていない。

そのテレビドラマで使われた福原希己江の『おいしいうた』という曲のpvを偶然見た。

なんだかこれも妙にほっとする良い歌です。

気に入りました。

ココから⇒
[PR]

by maru33340 | 2012-09-02 16:23 | TV | Trackback | Comments(2)
2011年 10月 22日

ドラマ『南極大陸』に泣く

録画しておいたドラマ『南極大陸』(第一回)を見て、思わず泣いてしまった。

昭和31年、日本はまだ敗戦の傷跡から立ち直ってはいない時代、世界と対等に闘う力はまだなかったあの時代に、南極大陸探険という試みは無謀とも思える冒険だった。

しかし…

TBSが開局60周年をかけて総力をあげて制作しているだけあり、配役は豪華。

主演のキムタクの好演も光るし、柴田恭平の抑えた演技も素晴らしい。

これは、今、日本及び日本人が閉塞感に覆われ、その誇りと未来への希望を見失いかけている時代に風穴を開けるような気概に満ちたドラマだ。

第一回はようやく南極大陸に出発するまでが描かれた。

今後の展開を期待します。
[PR]

by maru33340 | 2011-10-22 15:04 | TV | Trackback | Comments(3)
2011年 03月 05日

ドラマ『Taro の塔』が益々面白い

先週から始まったドラマ『Taroの塔』は益々快調である。
若き岡本太郎を演じる濱田岳は、映画『ゴールデンスランバー』でキルオを演じているのを見て以来天才だと思っていたが、今回それを改めて確信した。

今年は岡本太郎旋風が吹き荒れ、日本人を翻弄するだろう。
[PR]

by maru33340 | 2011-03-05 22:26 | TV | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 24日

天才ちあきなおみによる「港が見える丘」

you tube を検索していて、ちあきなおみの唄う「港が見える丘」の映像を発見した。

これはもう完全に楽曲を自分自身のものにした天才の歌唱。

港にちらりほらりと落ちる花びらが見えるような幻覚を感じました。


[PR]

by maru33340 | 2010-07-24 12:51 | TV | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 16日

ドラマ『国税査察官』(第5回)

毎回息を飲むようにして見ているドラマ『国税査察官』(第5回)を録画で見た。

本当にこのドラマはどこまで行くのだろうと思うほど、人間性の深淵にまで触れていく。

第5回は江口洋介演じる主人公と娘の和解があり、少し人間らしい感情が表現されていて、少し安心していたら、全く予想もしていなかった新たな展開になり、全く予想がつかなくなった。

ARATA演じる村上修次の憎しみの深さに毎回胸が苦しくなり、麻生久美子の壮絶な演技に魅せられ、エンドテーマ(菊地成孔作詞、作曲、歌「退行」⇒友人のブログで聴く事が出来る)に声を失う。

こんなに凄いドラマにはそうそう出会えるものではない。
[PR]

by maru33340 | 2010-05-16 16:10 | TV | Trackback | Comments(1)
2010年 05月 01日

ドラマ『国税査察官』(第三回)

今、最も注目しているドラマがNHKの『国税査察官』。
あまりの緊張感に見ている間息をするのも忘れる程。
とにかく登場人物が濃厚であり、菊地成孔の音楽が物語の奥行きを一層深める。
複数のストーリィが錯綜しながら、まるでバッハの対位法のように進行する様は、芸術的でさえある。
[PR]

by maru33340 | 2010-05-01 22:19 | TV | Trackback | Comments(1)
2010年 02月 01日

『龍馬伝』が面白くなってきた

今年の大河ドラマ『龍馬伝』。
初回ややテンポが重く先行きにやや不安を感じたけれど、いやいやどうして二回目以降、俄然面白くなってきた。
何よりそのカメラワークがいい。
映画を感じさせる青みがかった色彩、やや引き気味のスタンス。
何れも今までの大河にはなかった斬新なもの。
音楽もいい。ドラマ「ハゲタカ」のスタッフによるものと思われるけれど、モダンで美しい。
配役も一人一人の人間がしっかりと生きている。
あまりに汚い岩崎弥太郎は天才香川照之の数ある演技の中でも代表作となるだろう。
脇役も児玉清、大森南朋、渡辺いっけいらがしっかり仕事をしている。
次回は吉田松陰が登場するけれど、今まで爽やかな聖人というイメージの役者(篠田三郎など)が演じてきたこの役を、憎々しい三枚目がはまりやくの生瀬勝久がどう演じるのかも楽しみ。
女優陣も広末、貫地谷がとても美しく撮れている。(これから真木よう子、蒼井優も登場を控えているので個人的にも眼が離せぬ…)
で、主役の福山雅治。あまりに美しいのがちょっと難点だけれど、時代と自分自身との間で悩みもがくフラジャイルな龍馬像が、これからどう変貌するかに期待。

more
[PR]

by maru33340 | 2010-02-01 07:02 | TV | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 17日

MASTER TAPE──荒井由実“ひこうき雲”の秘密を探る

昨日(1月16日)NHK・BS2で放送の「MASTER TAPE──荒井由実“ひこうき雲”の秘密を探る」を見た。

これは素晴らしいの一言につきる番組だった。
(録画をしていなかったのが悔やまれる。再放送時には必ず録画しなくては・・・)

荒井由実のデビューアルバム「ひこうき雲」の残されたマスターテープを聴きながら、本人や松任谷正隆、プロデューサーの村井邦彦、細野晴臣らレコーディングに参加した人たちが、当時の様子を語りあう、という番組だけれども、この1973年(当時僕は中学生!)に製作されたアルバムの音楽的なレベルの高さ、現在でも斬新なアレンジ、そして何より荒井由美の歌の驚異的な巧さに唸らされる。

そして、これは誰もが知っていることも知れないけれど、この1年以上かけたレコーディングの中で、荒井由美という当時19歳の少女は、アレンジャーの松任谷正隆と恋に落ちる。
その恋の模様もユーミン自身が(驚くほど)率直に語る。

今日、早速このアルバムを聴きなおしたくなり、ダウンロードして聴いているけれど、二人の恋の進行が、この「ひこうき雲」というアルバムに色濃く影を落としているのがわかる。

全体的に少しうす曇のイースターの頃を思わせる色合いで統一されたこのアルバムの随所に、恋の高揚と不安がほの見える。

そして、その幸福感に一抹の死の影が落とす陰影が、このアルバムを一層美しいものにしているのだ。

ひこうき雲

荒井由実 / EMIミュージック・ジャパン


[PR]

by maru33340 | 2010-01-17 11:31 | TV | Trackback | Comments(6)