新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

シューベルト ピアノソナタ21番

風邪をひいて本を読むのもしんどく、かといってそんなに眠り続けるわけにもいかず、ぼんやりとFMを聴いていたらシューベルトのピアノソナタ21番の演奏が流れてきた。

シューベルトという作曲家は僕には少し苦手(というより少し恐い)作曲家。

まだ小学生くらいの頃に、音楽の授業で彼の「魔王」という歌曲を聴いて、心底恐ろしく、特にあの冒頭の「ゴロゴロゴロゴロ」というピアノの響きが恐ろしく、それ以来シューベルトの曲を聴くとあの「ゴロゴロ」が聴こえて(とくにピアノ曲によく出てくるのだ)どうも敬遠しがちでした。

今日は、ああシューベルトだ、いかん、と思いながらも体がだるくて消すこともせずに、ぼんやりと聴いてしまっていたのですが、そしてやはり1楽章の初めから例の「ゴロゴロ」は聴こえてくるのですが、この最後のピアノソナタは戦慄が美しく、そしてやはり随所に恐いところもあるものの、最後まで聴く事ができ、しかも驚いたことに感動してしまいました。

この感動はどこからくるのだろう。

(以下2月1日記載)

昨夜は前文まで記載し、目がかすんできて中断。
風邪は今日も抜けず、熱・喉・頭の三重苦で仕事はお休み。

今朝昨日書いた記事を読み返してみたら、Ichさんにいただいたコメントで、「旋律」と書いたつもりが「戦慄」となっていることに気づく。
(Ichさんこれは風邪で頭がぼんやりしていたことによる単純な変換ミスでした。すいません。)

しかし、確かにこのシューベルトの最後のピアノソナタは、美しい旋律にひたっていると、突然思わぬ深淵を覗き込むような所に導かれるような恐ろしさに満ちていて、ある意味「戦慄」と言う言葉はピッタリかもしれません。

夜眠る前に内田光子の演奏でこの曲を聴きかえしたのですが、やはり美しいけれど恐い曲という印象は変わりませんでした。

シューベルトのこの「深淵」は一体どこから来るのだろう・・・

(追記)
昨日1月31日(1797年)はシューベルトの誕生日であると偶然ネットで見ていて知りました。
いやはやこれはちょっとしたシンクロニシティーでした。
(最近これが、時々あるんですね。)
[PR]

by maru33340 | 2008-01-31 21:59 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)
2008年 01月 31日

風邪をひいてしまう

今年になってから寒い日が続き、休日出勤が続いた疲れもたまってしまい、昨日から風邪をひいてしまいダウン。

体がひどくだるく、何も出来ないので今日は家で一日寝て過ごす。

起きている時間は横になって、佐藤隆介さんの『池波正太郎の食まんだら』を読んで、美味いものを食べた気になり、気持ちをまぎらす。

「今年の風邪はひどいらしい」と聞いていましたが、確かにそのようでまいっています。

池波正太郎の食まんだら (新潮文庫 い 17-52)
佐藤 隆介 / / 新潮社
ISBN : 4101453225
スコア選択:
[PR]

by maru33340 | 2008-01-31 19:38 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2008年 01月 26日

芸術新潮2月号『源氏物語 天皇になれなかった皇子のものがたり』

今日の金沢は、朝地震があったけれど大きな被害はなく、ほっとしましたが、雪は一日降り続き寒い一日になりました。

午前中仕事を終えてから帰宅し、コタツにもぐりこみ、芸術新潮2月号『源氏物語 天皇になれなかった皇子のものがたり』を眺める。

これはなかなか贅沢な特集で、しばし源氏物語絵巻の世界にひたりました。

この特集は「光源氏はただのプレイボーイではなく、皇子-それも誰よりも天皇にふさわしい資質をもちながら天皇になれなかった皇子であり、恋愛劇の遠景には常に国家という怪物の影がうごめいている。」という視点が興味深い。

三田村雅子教授の解説によれば、歴史の中の源氏物語について、現実の政治が源氏物語を模倣する逆転現象が、日本史には少なからず起こっている、とのこと。

例えば、

「明治維新を主導したのは皇漢学を奉じるエリートたちでしたが、そうした動きを下支えし、成功に導いたのが、パロディー本や雛や錦絵の形で社会のすみずみまでゆきわたった王朝幻想・源氏幻想でした。その意味で、明治維新とは源氏物語による王朝復古でもあったのです。」

という指摘は面白く、もっとこの話しを詳しく・・・と思います。

芸術新潮 2008年 02月号 [雑誌]
/ 新潮社
ISBN : B0011Z67ZU
スコア選択:
[PR]

by maru33340 | 2008-01-26 22:00 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2008年 01月 24日

『新書365冊』(宮崎哲弥)

今週は、22日から今日24日まで名古屋出張。

名古屋もとても冷え込んでいましたが、金沢に到着した時は雪。
久しぶりに寒い北陸です。

帰りの列車の中で、宮崎哲弥さんの『新書365冊』を読む。
これまた松岡正剛さんの「千夜千冊(1216夜)」で紹介されていたのを見て、名古屋の本屋で購入。

いつもは名古屋から金沢までほとんど熟睡する「しらさぎ」の中で、眠ることなく、3時間読み続けました。
これは大変面白い本でした。

良い書評とは「読むものをして、すぐに本屋に走っていきたくさせる書評」と常々思っているのですが、この『新書365冊』を読んでいると本屋に飛んでいきたくなるほど魅力的な本に出会えます。

ちなみに松岡正剛さんが、この本で取り上げられている本の中で、推薦しているのは下記の10冊。

中西寛『国際政治とは何か』(中公新書)

加藤朗『現代戦争論』『テロ――現代暴力論』(中公新書)

近代日本思想研究会『天皇論を読む』(講談社現代新書)

アンベードカル『ブッダとそのダンマ』(光文社新書)

長谷部恭男『憲法とは何か』(岩波新書)

白田秀彰『インターネットの法と慣習』(ソフトバンク新書)

木原善彦『UFOとポストモダン』(平凡社新書)

岩田規久男『小さな政府を問いなおす』(ちくま新書)

末木文美彦『日本宗教史』(岩波新書)

芝生瑞和『パレスチナ』(文春新書)

橋爪大三郎『人間にとって法とは何か』(PHP新書)

高柳繁行『葬祭の日本史』(講談社現代新書)


いやはやどれも刺激的な新書ばかり。
まだまだ読みたい本は山のようにありますなあ・・・

新書365冊 (朝日新書)
宮崎 哲弥 / / 朝日新聞社
スコア選択:
[PR]

by maru33340 | 2008-01-24 23:56 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2008年 01月 20日

『古事記注釈』と『天武天皇・隠された正体』

毎朝少しずつ読んでいる『古事記注釈 第一巻』(全八巻中)を読了。
第一巻は、「太安万侶の序」に始まり「天地初発」から「黄泉国、禊」まで。

「太安万侶の序」は偽書の疑いもあり、全巻を読み終えてから読むことしたので、今回読み終えたのは「天地初発」から「黄泉国、禊」まで。

「天地初発」と「イザナギとイザナミ」の章はとても面白いけれど、正直「大八島国と神々の生成」は次から次へと神々の名前が列挙されているだけで、読んで面白いものではない。
(と感じるのは僕だけか?)

ともあれなんとか黄色いラインマーカーで線を引きながら読み終えた所で感じたのは、基本的な歴史知識が不足していること。

そこで少し歴史の勉強もしておこうと、『古事記注釈 第一巻』と同時に関裕二さんの『神話に隠されている日本創生の真実』、『聖徳太子は蘇我入鹿である』、『天武天皇・隠された正体』あたりを読んでる。

関裕二さんの本は「もしかするといわゆるトンデモ本か?」と疑いながらもその推理(いささか強引な気もするけれど)を楽しんでいる。

(関裕二さんについては、松岡正剛さんが「千夜千冊」で取り上げていたのを読んで、読み始めた。)


この本は、いわゆる歴史の通説を疑っているのだけれど、その通説もあまり理解していないので、手元に『古事記・日本書紀を読む事典』を置いて、所々参照にしながら読んでいる。

いやはや、歴史の勉強は始めるとキリがありませんね。

天武天皇 隠された正体 (ワニ文庫)
関 裕二 / / ベストセラーズ
ISBN : 4584391149
スコア選択:
[PR]

by maru33340 | 2008-01-20 21:46 | お勧めの本 | Trackback | Comments(6)
2008年 01月 19日

今夜の献立

今日も金沢は寒い一日でしたが、晴れの気持ちよい日。

午前中、洗濯と掃除を終えて本屋リブロへ行き、『神話に隠されている日本創生の真実』(関裕二著)を購入。

昼間は「ステーキさとう」で久しぶりにハンバーグを食べてから、夕飯の買い物に。

買い物後、自宅で『神話に隠されている日本創生の真実』を読了。
(『古事記』読書の参考にと、この人の本を始めて読みましたが、随所に発見があるような気がします。専門家からは全く無視されているとは思うけれど・・・)

夕方あうん堂さんで珈琲を飲んで帰宅。

今夜の献立は、高山なおみさんの本『おかずとご飯の本』で紹介されていた「豚バラもやし鍋」と、会社の近くのパスタ屋さんのメニューで気に入っている「牛ズジとトマトの煮込み」(もどき)を作ることにする。

「牛ズジとトマトの煮込み」は初めて作ったわりにはまずまずの味わいで、なかなか日本酒に合う。

「豚バラもやし鍋」は簡単で美味しい鍋でした。
レシピは、鶏がらスープの素と昆布、酒によるスープに、豚バラ・もやし・ニラを入れてさっと煮てポン酢<注1>で食べるというすこぶるシンプルなもの。
これがまた実に日本酒<注2>に合うんだなあ。

ゆるゆるとリラックスした休日を過ごしました。


<注1>高山さんの本ではもっと手の込んだ美味しそうなタレが紹介されていのるのですが、単身赴任の僕にはちょっと大変なのでポン酢で済ます。

<注2>今日の日本酒は近所の「カガヤ酒店」お勧めの金沢の酒「宗玄」。これは辛口で美味。
ちなみに「カガヤ酒店」はなかなか面白いこだわりの酒屋。ちょっと気になっています。

おかずとご飯の本
高山 なおみ / / アノニマ・スタジオ
ISBN : 487758658X
スコア選択:
[PR]

by maru33340 | 2008-01-19 20:24 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2008年 01月 16日

「青春の影」

NHKの「SONGS」リクエスト集で、チューリップ財津和夫の「青春の影」を聴く。

財津和夫という人はなんだか昔から好きなのですが、久しぶりにその映像を見て、もう髪もほとんど白く、初老といってもいい感じなのですが、やはり格好良いんだなあ。

なんなんだろう「男の色気」のようなものがある。

昔、薬師丸ひろ子主演の「メインテーマ」という映画で財津和夫が出ていたのですが、寡黙で静かな大人の男の雰囲気を醸し出していて、当時25歳の僕は、「早くああいう中年になりたいもの」と思っていました。

あれから20年以上経ち、年齢的にはすっかり中年になりましたが、いまだ目指していたような中年にはならず、惑いばかりの日々であります。

いやはや・・・
[PR]

by maru33340 | 2008-01-16 23:39 | TV | Trackback | Comments(2)
2008年 01月 14日

祝・成人の日

今日は成人の日。
どうも僕らの世代とっては(僕だけか?)成人の日=1月15日という構図がインプットされていて、いまだに毎年成人の日が変わるという事に慣れない。

ところで、昨日僕の長男も成人式を迎えた。
いやはや、自分自身がまだ人間として半人前なのに、子供が成人してしまっていいものか、とふと思う。

そんな感慨にひたっていたら、今日の朝日新聞に懐かしい山口瞳さんの成人の日の新聞広告が掲載されていた。

「人生仮免許」

二十歳の諸君!今日から酒が飲めるようになったと思ったら大間違いだ。諸君は、今日から酒を飲むことについて勉強する資格を得ただけなのだ。仮免許なのだ。(中略)諸君は、いつでも、試されているのだ。
ところで、かく言う私自身であるが、実は、いまだに、仮免許がとれないのだ。諸君、この人生、大変なんだ。

山口瞳さんにして仮免許なら、かくいう僕が半人前なのはいたしかたないとしますか。
本当にこの人生なかなか大変なのだ!

新成人の諸君!今の日本もなんだか先が読めないけれど、この国の行く末は君たちにかかっているのです。
(僕らの世代も、もうひと頑張りしなくちゃね。)

ともあれ、成人おめでとう!
[PR]

by maru33340 | 2008-01-14 23:35 | 日常 | Trackback(1) | Comments(4)
2008年 01月 14日

「For the Stars」(アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、エルヴィス・コステロ)

村上春樹の『村上ソングズ』に導かれて、アンネ・ゾフィー・フォン・オッターとエルヴィス・コステロによる「For the Stars」を聴く。

これは素晴らしいアルバム。
アンネ・ゾフィー・フォン・オッターは現役のオペラ歌手ですが、ここではポップスを軽やかに、しかししみじみと語りかけるように歌っている。

『村上ソングズ』で取り上げられている「この家は今はからっぽだ」も素晴らしいのですが、どの曲をとっても、心の奥にそっと寄り添うように染みてきます。

今のお気に入りは「Broken Bicycles/Junk」。
エルヴィス・コステロとのデュエット・ソングですが、本当に素晴らしい。
どのように例えればいいのか、たとえば春先の樹の芽に降る柔らかい雨とでもいうような味わいかなあ。

聴けば聴くほど味わいが増す、村上春樹が「上質なスルメのようなアルバム」と評した意味が良くわかるアルバムで、僕の生涯の愛聴盤となると思います。

フォー・ザ・スターズ
エルヴィス・コステロ アンネ・ソフィー・フォン・オッター / / ユニバーサル ミュージック クラシック
ISBN : B00005HXUK
スコア選択:
[PR]

by maru33340 | 2008-01-14 22:00 | ジャズ | Trackback | Comments(2)
2008年 01月 13日

汚れちまった悲しみに・・・

今日の金沢は朝から雪がちらついてきました。

天気予報では、今日は終日雪。
この雪は今週一杯は続くよう。
いやはや・・・
今年の北陸は昨年にもまして暖かい冬でしたが、ここにきて本格的な冬到来です。

昨夜からぐっと冷え込んでいるせいか、今朝の雪はさらさらのパウダースノー。
窓から見える景色は(見ている限りは)とても美しい。
(しかし今日はこれから仕事に行かなくちゃいけないのですが・・・)

雪を見ながら、先日友人が送ってくれた、雑誌『新潮』の先月号の付録についていた古川日出男さんの詩の朗読のCDの中の中原中也の「汚れちまった悲しみに・・・」を思い出しました。

このCDはどうも実に不思議な朗読で、なんというのか、読むというより、叫び、唸り、吼えるというような感じで、「もし電車でこの人がこの詩を朗読していたら周りの人は次第に遠くに逃げていくのでは・・・」というような感じです。

しかし妙に心には残る。

『新潮』は何故このCを付録につけたのだろう・・・
[PR]

by maru33340 | 2008-01-13 07:48 | 日常 | Trackback | Comments(2)