<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

秋の日のパルティータ

昨日から急に冷え込みすっかり晩秋の気配。
行き帰りの道で落ち葉を踏みながらバッハのパルティータを聴いている。
演奏はセルゲイ・シェプキンで。この人のバッハはゴルトベルク変奏曲で初めて聴きその自由な表現に感心したけれど、このパルティータもとても良い。装飾音がたくさん付いた演奏なのだけど、それが自然でじゃまにまらず、とても新鮮な音楽に聞こえる。
やはり秋にはバッハがよく似合う。
[PR]

by maru33340 | 2008-10-31 07:22 | お勧めの本 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 27日

映画『ブーリン家の姉妹』を見る

昨日は日比谷シァンテで家人と『ブーリン家の姉妹』を見る。歴史に翻弄される(あるいは自らの意志で巻き込まれる)姉妹の悲劇。物語は破状なく進み、衣装もセットも申し分なく、歴史娯楽大作として見るにはこれで十分。しかしまあここに生身の人間の姿はないわけで、見終わってしばらくするとすっかり忘れてしまう。無い物ねだりではあるけれど…星★★☆(2.5点)という感じです。
[PR]

by maru33340 | 2008-10-27 07:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 22日

『新宿駅最後の小さなお店ベルク』(井野朋也)を読む

偶然本屋でこの本を見つけ、なにやらピンと来るものがあり一気に読了しました。これは大変面白い本でした。
ここには今の時代に個人飲食店を経営するための覚悟と哲学があり、とても心打たれるものがあります。経験に裏付けられた経営観にはとても力があります。
今日はたまたま新宿で研修があったので立ち寄ってモーニングを頼みましたが、きめ細かい接客と一級の味に感心しました。
帰りも寄って軽くビールを飲んで帰ろうかな。
[PR]

by maru33340 | 2008-10-22 09:39 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 16日

エレーヌ・グリモーのバッハ

先日、池袋のHWMに立ち寄った時、店内にとても生気に満ちたバッハの平均律が流れていた。その瞬間に何故か「ああエレーヌ・グリモーのバッハだなあ。」と感じた。これまでグリモーの演奏はラフマニノフ位しか聴いた事はなく、今までバッハの録音もなかったはずなのに、そう確信した。
演奏は確かにグリモーの新しいバッハの録音だった。
これは生気と才気に満ちた自信に溢れたバッハで、例に寄って楽曲の配列も彼女独特の考えに基づいている。
普段バッハの音楽は聴いていて心静まるのだけれど彼女のバッハは、まるでロマン派のピアノ曲のように心揺さぶられるもの。
早速購入しipodに入れ愛聴しています。
[PR]

by maru33340 | 2008-10-16 07:37 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 14日

リリア寄席で小三治をきく

今日は家の近くのリリアホールで小三治をきく。
演目は「野ざらし」。小三治でこの噺をきくのは初めて。今日は喉の調子も良さそうで、ノリもよく楽しそうに演じていて一安心。なんだかまた一つ大きな存在になったような…
帰宅後NHKの「プロフェッショナル」で小三治さんの壮絶な日々を知る。いやはやなんとも格好よい!
[PR]

by maru33340 | 2008-10-14 23:43 | お勧めの本 | Trackback(2) | Comments(2)
2008年 10月 12日

フェルメール展へ

連休の中日、いつか行こうと思っていたフェルメール展に行く。朝一で入場しましたが既に大変な人。やはり凄い人気です。作品では「手紙」がやはりとても良いものでした。
[PR]

by maru33340 | 2008-10-12 10:07 | お勧めの本 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 06日

映画『容疑者Xの献身』を見る

昨日は近くの映画館で映画『容疑者Xの献身』を見る。
これはまさに福山雅治のための映画。ドラマの時は一度も見なかっけれど、一昨夜のスペシャルを見てなかなか面白かったので行ってみました。
これはテンポも配役も良く、なにより主演の福山雅治がすばらしく格好良いので、気持ち良く見ることができる娯楽作品。何か後に残るかと言われれば、まあないといえばないけれど、これはそういうジャンルの作品なわけでその意味で十分楽しめました。
[PR]

by maru33340 | 2008-10-06 08:33 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 05日

坂東三十三ヵ所巡礼に出かける

f0061531_6393364.jpg

昨日は久しぶりに秋晴れの好天。
家人と坂東三十三ヵ所巡礼のバスツアーに参加。
八月に秩父に遊びに行き何箇所が霊場を訪れてから、すっかりお寺巡りが楽しくなってきました。
昨日廻ったのは坂東一番札所の杉本寺、勝福寺、長谷寺、光明寺の四ヵ所。
軽いバスツアーですがなかなかに楽しめました。
先日読了の辰野和男さんの『四国巡礼』も面白かった。いずれは徒歩で四国を歩いてみたいもの。
[PR]

by maru33340 | 2008-10-05 06:39 | お勧めの本 | Trackback | Comments(0)