新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

2009年度の映画・音楽・本

年末恒例の(といっても去年からだけれど)、今年の映画・音楽・本のマイベストを発表します。

今年は結構映画を観たので、まずは映画から。
(※エントリー作品は、新旧問わず、今年映画館及びDVDで観た映画とします。)

最初は、外国映画ベスト3。

◎『シェルブールの雨傘』

新たにリミックスされて映像も音楽も新鮮で美しかった。
全編歌で展開される、というとても実験的な作品だけれど、全く違和感はない。
観終わってあまりに陶然としてしまい、しばらくテーマ曲が頭から離れなかった。

この映画での、カトリーヌ・ドヌーブは奇跡的に美しい。
僕の知る限り、古今東西を通じて最も美しい女性は、この映画でのカトリーヌ・ドヌーブだと思う。

◎『グラン・トリノ』

クリント・イーストウッドの名作。
おそらく自身が主演するのはこの映画が最後だろう。

この映画については、ブログに次のように書いた。

この映画の、ラストシーンで銃で撃たれ仰向けに倒れたイーストウッドは、十字架に張り付けられたキリストの姿を模していて、荘厳で気高いものだった。

そう思って見るとこの映画全体に「汝の隣人を愛せ」という思想や愛するものを守るための「受難」の劇が流れている事に気付く。
とはいえ決して説教臭はなく、ユーモアにもあふれていて、気がつくと「自分の人生にどう幕をひくか」という主題についていつの間にか考えている。

映画を見てこれだけの濃密な経験が出来るのはまれなことだ。
ここには一人の人間がどう生きて、どう死ぬのか、美しい生き方とは何かについての一つの答えがある。


◎『幸せはシャンソニア劇場から』

1936年のパリの下町のシャンソニア劇場を舞台に、閉鎖された劇場を復活させようとするピゴワルおじさんと愛すべき仲間達の物語。

ブログに書いた下記の評に加えることはなく、とにかく美しく楽しい映画なので1人でも多くの人に見てほしいと思うのみ。

芸達者な主人公達が演じる物語にスキはなく、劇中で歌われるシャンソンが楽しい。
また新人女優のノラ・アルデネゼールが、眩しい程に美しいし、彼女が恋人と一緒に見る夜の劇場から見えるエッフェル塔は、涙が出るほど懐かしく輝く。
しかし、そこはフランス映画。
ありきたりのハッピーエンドにはならず、時代背景や人生の苦みも描かれる。

ヨーロッパ映画には、人生を成功と失敗に分け、成功を善とするような所がなく、名もない人々の哀歓を、失敗や挫折も含めて、そのまま救い上げて、そっと差し出してくれるような味わいがある。

この映画は、そんなヨーロッパ映画の美質に満ちた秀作でした。


次に日本映画ベスト3。

◎『おと・な・り』

岡田准一、麻生久美子主演の気持ちの良い映画でした。
何より、麻生久美子の良さがとても生かされていた。

アパートの壁から聞こえる音だけで次第に二人の主人公の心が繋がっていく過程を、珈琲ミルをひく音や鼻唄・フランス語会話の練習などの生活音を丁寧に掬い上げて好感が持てるし、カメラも自然で良い。
ドラマは前半はゆっくりと進み後半で動き出すそのテンポも良い。
岡田准一は内省的なカメラマン役がぴったりとはまり、麻生久美子は楚々として美しい。
(少し鼻声なのも良く、映画の中で彼女が口ずさむ歌声も心地よい。)

◎『パンドラの匣』

女優としての川上未映子の発見がこの映画を成功に導いた。

良い映画の条件として、配役、脚本、映像、音楽等があるけれど、この『パンドラの匣』はそれら全てを備え、その上に前衛的でPOPな味わいがある素晴らしい映画だった。

主役のひばりはとても新人とは思えぬ自然な演技だし、仲里衣紗演じるマー坊はコケティッシュで魅力的。
何より作家川上未映子演じる竹さんが不思議な存在感を示して圧巻だ。

脚本に無駄はなく、映像は美しく切れがある。
菊地成孔の音楽も斬新で映像を引き立てる。

随所に今まで見たことがないモダンな味わいがあり目が離せない。

◎『花とアリス』

蒼井優ファンを自認しながら今まで観ていなかった自分を恥じるほど、素晴らしい映画だった。

映画全体を流れるふんわりとした空気感。
風や雨を感じるような映像。
主演二人の自然な演技。
どれをとっても奇跡としか言いようのない完成度。
ラストシーンの蒼井優が演じる紙コップをトウシューズの代わりにオーディションでバレーを踊るシーンは日本映画史に残る名シーンだと思う。

次は、音楽。
今年は特に秋以降いままでに無いほどクラシック音楽を良く聴いた。
今年のマイブームはシューマン。
交響曲に始まったこのマイブームは、ピアノ曲、歌曲に射程を広げながらまだ来年に続きそうです。

◎シューマン交響曲全集

はまりにはまって、廉価版や中古CDショップで集めたり、図書館で借りてダウンロードしたシューマン交響曲全集は下記の5種類。

・バーンスタイン
・クレンペラー
・ポール・パレー
・サバリッシュ
・スイトナー

これにフルトヴェングラーの4番とジュリーニの3番が加わる。
どれを聴いても、今の僕にはそれぞれの味わいがあり、面白いことこの上ない。

◎ポリーニのバッハ「平均律」

ポリーニのバッハが録音されたのは今年の事件だった。

第一に引き付けられるのは、その音色の透明な美しさ。
レガートを極力廃した軽めのタッチから繰り出される音は、最高級のシャンパンの泡のように澄んでいて、聴いていてとても心地良い。
テンポは全体的に速めで、思い入れや感情からは遠いけれど冷たくはない。

ポリーニの演奏はグールドの演奏に似ているように思うけれど、グールドの演奏からは紛れもなくグールドという人間を感じるのに対して、ポリーニの演奏を聴いていると演奏者の存在を忘れてしまう。

◎クレンペラーのマーラー交響曲7番

今年のもうひとつのマイブームが、巨人クレンペラー指揮による演奏。
このマーラーも「異常」としかいいようのない遅いテンポが、聴くものを魑魅魍魎の住む異界に誘う。

最近聴いた「幻想交響曲」にもノックダウンさせられた。

最後に本。
今年はテーマに沿って複数の本を読んだ年だったなあ。

◎「下山事件」関連本

・『下山事件(シモヤマ・ケース)』(森達也)
・『謀殺 下山事件』(矢田喜美雄)
・『下山事件 最後の証言』(柴田哲孝)

何れも非常にスリリングで興味深い本だが、特に柴田の『下山事件 最後の証言』は、満州事変から戦後の東西の冷戦という昭和史とこの事件との闇の部分での繋がりにまでメスを入れ、また吉田茂、岸信介、佐藤栄作、白州次郎といった戦後日本の大物と下山事件との関連にまで触れている。また亜細亜産業で働いていた著者自身の祖父がこの事件に関与していた可能性もあることから一層追求は切実なものとなっており、読み始めるとやめる事が出来ない。

◎「松本清張」の作品

今年の本のマイブームは、松本清張。

推理小説、昭和史探求本とどれを読んでもスリリングで面白い。
来年は生誕100年。
太宰治と同じ年に生まれたこともあり、来年は映画・ドラマとのタイアップも続くだろう。

今年の松本清張原作のドラマでは、向田邦子脚本の『駅路』が圧巻。
この暮れにきて、向田さんの脚本も発売された。

◎『永遠の故郷(4部作)』(現在、「夜」・「薄明」・「真昼」まで発刊』(吉田秀和)

奥さんを亡くされて一時書くこともままならなかった吉田秀和さんの奇跡的な復活の書。
それぞれの作品は、奥さん(B)、母、父に捧げられている。

最後の4巻目は吉田さん自身に捧げられるのではと予測され、個人史と批評が渾然一体となった内容には、明らかに遺著としての意識が随所に窺われて、凄みさえある。

以上、今年も多くの素晴らしい出会いがありました。
2010年も大いに期待しています。

最後に今年一年拙ブログをお読みいただきました皆様にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

皆様、良いお年を。
[PR]

by maru33340 | 2009-12-31 09:07 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2009年 12月 30日

シャルル・ミュンシュ指揮パリ管弦楽団の「幻想」(ライブ)

「幻想交響曲といえばミュンシュ」という定評があることは、この曲が苦手だった僕でも30年前から知っていた。

しかし、何しろずっとこの交響曲が苦手(30年間、最後まで聴き通せた事がなかった)だったので、この有名定盤も聴いた事はなかった。

しかしクレンペラーのおどろおどしい怪演をつい最後まで聴いて、ついに「幻想交響曲」にはまってしまい、最近発売になった1967年のパリ管弦楽団とのライブ録音を手に入れ聴き始めた。

これは、確かに情熱に満ちた快演。
終楽章の疾走感はたまらない。
また、ライブなのでミュンシュの「うなり」というか「叫び」が随所に入っていて楽しめる。

これは正統的な(?)名演でした。
[PR]

by maru33340 | 2009-12-30 18:15 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2009年 12月 27日

クレンペラーの「幻想」に資本主義崩壊の断末魔の叫びを聴く

オットー・クレンペラーという指揮者はつくづく桁外れな指揮者である。

その異常なまでに遅いテンポで展開される音楽は、見慣れた昆虫を、をまるで巨大な顕微鏡で眺めるような趣があり、「グロテスクの美」の発見と怖ろしさに満ちている。

その特性はマーラーの交響曲7番で最も発揮されていると思うけれども、今日聴いたクレンペラー指揮によるベルリオーズの「幻想交響曲」もまた、そんな彼の異常なまでに遅いテンポがもたらす、地獄絵巻のような音楽だ。

第1楽章の冒頭からして何事が起こったのかと思うほど重く暗い。
まるで足に重い鎖をつけられた巨人が断頭台に引きずられているかのようだ。

第2楽章の舞踏会もワルツでありながら、悪い酒によって見る悪夢のよう。

第3楽章は、「野の風景」では途中全く音が止まってしまい、もし、核兵器で人類が滅亡した後の地球に1人取り残されたらこんな気分になるのではないかというような、絶対的な孤独を感じる。

第4楽章「断頭台への行進」、第5楽章「ワルブルギスの夜の夢」は文字通り悪夢以外の何ものでもなく、あたかも資本主義世界が、ファシズムの吹き荒れた20世紀を経て、21世紀に入り、断末魔の叫びを上げながら業火を放ち、地獄に堕ちて行く様を表す音楽のように感じるのは僕だけだろうか?

もしまだクレンペラーの「幻想」を未聴の方で、体力に自信のある方は是非一度聴かれることをお勧めします。

絶対怖いことだけは保障します。

ベルリオーズ:幻想交響曲

クレンペラー(オットー) / EMIミュージック・ジャパン


[PR]

by maru33340 | 2009-12-27 17:57 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)
2009年 12月 27日

クルト・マズア指揮による第九

昨年久しぶりにNHKホールにスラットキン指揮N響の第九を聴きに出かけた。

その演奏があまりに良かったので、今年もまた出かけてみた。
今年の指揮はクルト・マズア。
旧東ドイツ出身、御年82歳の巨匠であるわけで、大いに期待したのだけれど…

(演奏には個人の好みがあるので、以下あくまで個人的な感想だけれど)あまりにインテンポ、あまりにザッハリッヒカイトな演奏は、乾燥しすぎた干物のように油気がなく、味わいや艶に欠け、老マエストロには失礼とは存じながら、面白さのカケラもないように感じた。

こちらの体調がいまひとつ本調子ではないせいもあるかも知れないけれど、熱狂と崇高さを欠く、ただただ真面目一点張りの第九をじっと座って聴き続けるのは苦痛に過ぎなかった。

来年からN響の第九は、地デジで鑑賞します。
[PR]

by maru33340 | 2009-12-27 04:45 | お勧めの本 | Trackback | Comments(1)
2009年 12月 26日

50歳になるといふこと

今年の4月に生まれて初めて50歳になった。

信長の昔から「人間50年」というように、つい最近まで日本人の平均寿命は50歳だった。

あの、漱石も49歳で亡くなっている。
(それにしては、あの貫禄、あの作品たちの豊穣さはどうしたことか・・・)

医学の進歩によって、そして戦争が行われなくなって、日本人の平均寿命は戦後飛躍的に伸びた。

悦ばしいことではある。

しかし、一方で僕たちは、
「獲得した何十年という時間を果たして、自分たちの人生をより有意義にするために使う知恵を獲得しただろうか」
と思うとき、少し忸怩たる思いが残るのは何故だろうか。

ともあれ50歳を迎えた今年は、僕にとって病気のオールスターゲームのような年だった。

まずは1月に、いきなり腸閉塞で入院。

4月頃から不眠に悩まされて、とうとう6月は1ヶ月の自宅静養を命じられて、家事に専念した。
(この時実は僕の「家事力」は飛躍的にアップ(自分比200%)したのだが・・・)

その後体調も回復し、12月も残りわずかとなり、もうこのまま乗り切れるだろうと思っていた。

所が、この1ヶ月程遠方への出張が続き、日常業務も多忙を極める中、血圧が高めになってきていた。

平均して、上が150、下が100程度。
血圧の標準の基準値は、上が135、下が90以下といわれているから、明らかに高い。

会社の産業医に相談した所、
「君の場合は、高め安定という体質のようだから急激な変化がなければ心配ないでしょう」
といわれそのままの生活を続けていたけれど、12月22日夕刻に、突然フラフラとしてしまい、医務室で測ってもらった所、下の値が130近くなっていた。

これはいけないと紹介状を書いてもらい医者で降圧剤を処方してもらった。
薬を飲んだその日から血圧はすっかり下がり、調子も良いようだった。

「なんだ、早く薬を飲んでいればよかったのに」
なんて思っていたのが、間違いだった。

昨夜帰宅後に、これまた突然眩暈に襲われて立っていられなくなった。

そこで思い出したのが産業医さんの言葉。

「薬を飲むと確かに血圧は下がるけれども、急激に血圧を下げたことで、人によっては貧血に近い状態になることがあるから注意されたし。
あくまで生活習慣の改善で自然に血圧を下げるのが一番よろしい」

先生、おっしゃる通りでした。
昨日のあれは確かに貧血。

どうも検査の基準値というものはあまり鵜呑みにせずに、自分自身の標準値を認識しておいたほうが良いようだ。

50歳になるといふのは、こういうことに一つずつ気がついていくことかも知れない。
[PR]

by maru33340 | 2009-12-26 11:43 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2009年 12月 18日

大雪+強風+雷=嵐

今朝の金沢は大雪、強風、雷の嵐です。
風速計が強風で振り切れて、乗車予定の一つ前の列車もまだ到着しない。
いやはや大幅に遅れそうだ…
[PR]

by maru33340 | 2009-12-18 08:59 | お勧めの本 | Trackback | Comments(3)
2009年 12月 17日

雪の金沢

f0061531_7563634.jpg

この冬三度目の金沢。

仕事絡みで、大好きな金沢に、しかも最も食べ物が美味しい冬に、三度も来る事が出来たのは幸せの極み。

昨夜は小松空港上空で、乗っていた飛行機に落雷があり、光と揺れに驚いた。

今朝は初雪が降りました。
[PR]

by maru33340 | 2009-12-17 07:56 | お勧めの本 | Trackback | Comments(1)
2009年 12月 10日

さらば赤星!(極私的阪神タイガース小史)

(※思わず長い記事になってしまいました。時間がある時にお読み下さい。)

何を隠そう物心ついて以来、阪神タイガースのファンである。

ついでに語ると京都生まれで、中学二年の夏まで神戸、大阪に育った。
両親共に京都の生まれの京都育ちのトラキチ。
実は私、由緒正しき関西人である。

従って環境から必然的に阪神タイガースのファンになることは運命づけられていた。

江夏豊は僕の少年時代の神であり、草野球のユニフォームには背番号28のアップリケを貼っていた。(最もこの28番は万年ベンチを暖める事に使われたけれど)
時はジャイアンツの黄金時代。

優勝なんて大それた夢は持たない。
ただ阪神VS巨人戦で阪神が勝てば親父とサイダーで乾杯をあげ、見られる限りのスポーツニュースを見た。
日頃厳しかった親父もこの日ばかりは上機嫌で、いろんな話しが出来るのも嬉しく、タイガースの勝利を祈った。

時は流れて忘れもしない1985年。
26歳の僕は、伝説のバース、掛布、岡田の連続ホームランを営業車のAMラジオで明治通りを走りながら聞き、驚喜した。
そこからタイガースは長い長いトンネルに入る。ファンは負ける事に慣れ汚いヤジを飛ばしながらも甲子園に通った。

更に時は流れる。

野村監督がファンに散々に罵倒されながらタイガースをさり、2003年、僕が44歳の時に再び奇跡は起きた。
闘将星野監督の元タイガースは、18年振りの優勝を果たしたのだ。

その立役者が、昨日電撃的引退を表明した赤星だった。

打って良し、守って良し、走って良し。いわゆる「攻守走」兼ね備えた理想の1番バッターだった。
野村監督が大切に育て、星野監督の元で花開いた。

来年は寅年。
城島の加入でひそかに優勝を期待していた矢先の赤星の引退はひどく悔やまれる。

さらば赤星!
これからは良き指導者となりタイガースを優勝に導いて欲しい。
[PR]

by maru33340 | 2009-12-10 13:08 | お勧めの本 | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 08日

山中湖から富士山

f0061531_17372056.jpg

今日は仕事で山中湖へ。
天候に恵まれて、雪化粧した富士山が美しい。

冬の山中湖もなかなかオツなもんです。
[PR]

by maru33340 | 2009-12-08 17:37 | お勧めの本 | Trackback | Comments(1)
2009年 12月 07日

大事なことはみんな「あしたひろし順子」に教わった

オバマは「チェンジ」、民主党は「政権交代」(今年の流行語大賞ですな)、アジエンスのCMでは、浅田真央ちゃんが「変わりたい」(えっ、コーチを変えたい?)と語った。
相変わらず、世をあげて「変革ブーム」だけれど、みんな本当に「変化」を求めているのかしら?

オバマは苦戦、民主党も連立を続けるんだかどうだか、真央ちゃんはグランプリ・ファイナルに出場出来なかったし、「変革」を標榜する人々は、この所ややお疲れのご様子だ。

さて、閑話及第、昨日の朝、ブログ仲間(先輩)のsaheiziさんが紹介してくれた漫才「あしたひろし順子」の動画を見て大笑いしていて、「これは三年前の映像、今の二人(二人合わせて、年齢164歳!)は更に進化している。」という評を読んで、是非今の二人が見たいと思っていたら、いやはや、昨日の「笑点」に出てきたではないか!これはなんたるシンクロニシティー、と家族で見て、やはり大爆笑。たまたま見ていた大学生の次男も「これは凄い!」と大ウケ。

基本的に三年前のネタと(というより三十年前に僕が寄席で見たネタと)、構成や基本のギャグ、オチは、小さいくすぐりに多少の時事ネタが入る程度で、全く変わっていない。
しかし、それにも関わらず面白い。
というより、「だからこそ面白い」というべきだろうか。
古典落語が何回聴いても面白いのに近い領域にこの二人はいる。

そして爆笑しながらふと考えた。

「変化はそんなにいいものだろうか?これからの日本、もしかすると、基本的には同じ事を繰り返しながら、少しづつ改良を加えていくという生き方が正しいのかも知れない。
あしたひろし順子は今の日本人に大事なことを教えてくれているのか?」

もっとも当人達はそんなこと関係なく、今日もどこかの寄席で、あのヨタヨタしたダンスで客席を沸かせているだろうけれど…
[PR]

by maru33340 | 2009-12-07 08:20 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)