<   2011年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

2011年度の本・映画・音楽

年末恒例の(今年で4年目になりました)今年の本・映画・音楽のマイベストの発表の時期になりました。

しかし、今年は特別な年。

3月の大震災の影響は大きく、しばらくは本や音楽に集中できない時期が続きました。

そんな2011年も今日で最後。

来年は良い年になるようにとの祈りをこめて、今年の本・映画・音楽(それぞれ5作品)を振り返ります。

まずは、本から。

【本】

◎『彼女の演じた役~原節子の戦後主演作を見て考える~』(片岡義男著、中公文庫)

片岡義男はこの本で、その明晰な文章を駆使して、戦後の原節子の主演作を全て見た上で、『晩春』『麦秋』『東京物語』のいわゆる紀子三部作が、何故彼女の代表作であるのかを精緻に語る。

思わずDVDの「小津安二郎全集」を購入し、3部作を見直しましたが、やはり何度見てもこの3部作は随所に発見があり、興味が尽きません。

◎『東京の昔』(吉田健一著、ちくま学芸文庫)

吉田健一が好きで、文庫本が出ると思わず「おっ」と声を上げてためらいなく購入する。

全て読むわけではないけれど机の上に吉田健一の本があるだけで良い気持ちになる。

例えば、次のような文章に、僕は陶然としてしまう。

「勿論それだからおでん屋の店の中も寒かった。それを温めるという観念もなくておでん屋の主人が立っている前には鍋が煮えていて温かくて帳場にいるおかみさんの脇には火鉢が置いてあったが客は酒とおでんで温まることになっていて事実それで飲んでいるうちに温かくなったのだから冬の気分が薄暗い電燈の明かりとともにゆっくり味わえた。それは鍋から昇る湯気と匂いにも漂っていてその頃は冬というものそれ自体に匂いも手触りもあると思っていたものだった。」

◎『全身翻訳家』(鴻巣友希子著、ちくま文庫)

この本で、翻訳家の鴻巣友希子は稀有なエッセイストであると知った。

エッセイ集というのは意外に難しいもので、一冊を丸ごと通読することはなかなかないけれど、この本は話題も豊富で文章も素晴らしい。

お奨めの一冊です。

◎『ビブリア古書堂の事件手帖①②』(三上延著、メディアワークス文庫)

古書を巡るささやかな謎を、北鎌倉の古書店の若い女性店主が解く静かなミステリー。

今年随分話題になり先頃「本屋大賞」も受賞した。

事件らしい事件はおこらない。

あくまで本と、それを集める人を巡るミステリーだけれど、一度はまるとその小さな世界にはまってしまう。

本への愛情が心地よい名シリーズの誕生を喜びたい。

◎『酒呑まれ』(大竹聡著、ちくま文庫)

第一に文章が良い。

一冊まるごと酒の話だけれど、とても品が良く、すらすらと頭に入ってくる。

第二に作者の人柄が良い。
シャイで気弱で、それでいて無茶をし、反省したりする。

第三に、この酒をテーマにした自伝的エッセイが、優れた小説家の誕生を予感させてくれる気配があり、少し嬉しくなる。

この、大人のためエッセイ集を多くの人に推薦します。


では、次に映画を。

【映画】

◎『英国王のスピーチ』

今年のアカデミー賞受賞作品。

いかにもイギリスらしい渋いユーモアと王の威厳、全体を貫くヒューマニズム、新作にして既に古典の風格さえ漂う。

主演のコリン・ファースは突然の自身の即位に戸惑う王を見事に演じ、王のスピーチの指南役のジェフリー・ラッシュは堂々たる風格で映画を引き締める。

まさに映画の王道を行く文句なしの傑作です。

◎『蜂蜜』

これは、神話的な静けさに満ちた素晴らしい作品だった。

全編に渡り、全く音楽は使われず、森の木々のざわめきや風の音、遠く聴こえる鳥の囀ずりや微かな虫の羽音が身体に染み入るよう。

その詩的な映像と神秘的な自然の音に身をゆだねる、まるで観る森林浴のような映画。

◎『探偵はバーにいる』

ハードボイルドの決め台詞も主演の大泉洋が語ると、何とも言えない可笑しみが漂う。

札幌のススキノが舞台という設定も生きている。
ヒロインの小雪の美しさと哀切さも最後にキラリと光る。

これは今年の日本映画ではマイベストでした。

◎『ゴーストライター』

これは映像、音楽、配役と三拍子そろった文句なしの傑作である。

最後まで息が抜けないストーリー展開で、一度観ただけでは、全容を理解するのは難しいけれど、サスペンスの傑作であるという事は間違いない。

◎『サラの鍵』

1942年、ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害。
それから60年後、ジャーナリストのジュリアは、アウシュビッツに送られた家族について取材するうちに、収容所から逃亡した少女サラについての秘密を知る…

60年前の事件の取材を通じて、この映画を観る僕らは「真実を知ること」の怖さと深さを知ることになる。

映像・音楽も素晴らしい名作が誕生しました。



最後に音楽を。

【音楽】

◎庄司紗矢香のレーガー、バッハ無伴奏曲

バッハに大きな影響を受けたレーガーの無伴奏バイオリン曲は、神なき時代のバッハとでも言うべき、峻厳たる磐のように激しい集中力を必要とするもので、思わず襟を正す事になる。

庄司紗矢香は、まるで人間の集中力の限界に挑むような激しさで、この曲に立ち向かう。

演奏は本当に素晴らしい。教会での録音もまた美しくまるで録音された現場に自分自身がいるような錯覚に陥る。

◎ピリスによるシューベルト「即興曲」

このアルバムは本当に美しいアルバムで、シューベルトの音楽の持つ、彼岸的なまでにはかない美しさが胸に染みる。

聴いていると僕という人間が消えて、ただ音楽という水に漂っているような気持ちになる。

ここには哀しみも寂しさもない。

ただ美しい音楽だけがある。

◎グールドによるバード/ギボンズ作品集

これはまさにシェークスピア時代を彷彿とさせる清潔な音楽であり、浮き世の属塵を払うような趣きの慰めに満ちた音楽である。

数あるグールドのアルバムの中でも、ブラームスの後期の作品と並ぶ代表作ではないか。

◎グールド/ストコフスキーによるベートーベンビアノ協奏曲五番「皇帝」

冒頭から異常に遅いテンポで始まる。

しかし、奇をてらうような感じはなく、ベートーベンの音楽の美質がいかんなく発揮され、なおかつ随所に思いがけない発見がある。

グールドのピアノの音は、豊穣にして艶やかでロマンチックであり、この人の根底にあるロマンチストの資質が存分に発揮されている名演と聴きました。

◎アンジェラ・ヒューイットによるバッハアルバム

これは誠に素晴らしいアルバムで、録音も良く、演奏はどこまでも澄んだ蒼空のように明るく美しい。

深く内面に沈積する思索的なバッハも良いけれど、こんな明るく美しいバッハもまた捨てがたい魅力がある。


では、今年はこの辺りで。

皆さま良いお年をお迎え下さい。
[PR]

by maru33340 | 2011-12-31 11:10 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2011年 12月 29日

フルトウ゛ェングラーのシューマン

河出文庫の新刊『フルトウ゛ェングラー』は、吉田秀和のフルトウ゛ェングラー論だけを一冊にまとめたもの。

吉田秀和がこんなに多くこの指揮者について語っていたとは思わなかったけれど、こうして一冊にまとまってみると随所に発見があり、興味がつきない。

特に次の一節は、この指揮者のテンポについて語りながら、その音楽の本質を一言で表現しているようだ。

「フルトウ゛ェングラーの指揮者としての魅力、そのかけがえのない高い価値の根本は、このテンポの変化が、音楽の論理と人間心理との必然に裏づけられていたこと。それから、一つのテンポからつぎの違うテンポへ移ってゆく、その移り変わりに、ほかの人よりも格段に見事で慎重な準備が行われていること、この二点にある。」

特にシューマンの交響曲4番の3楽章から4楽章への推移は、まるでワーグナーの音楽の舞台転換の音楽のように壮大で、空の色が夕暮れから次第に闇を深めていくような濃密な気配に満ちていて、彼のテンポの移り変わりがいかに音楽自体の必然と密接に繋がっているかが良くわかる。

この演奏を聴いてしまうと他の演奏がまるで薄味に聴こえてしまうのが難だけれど。

今日から冬休み。

この年末年始は少しフルトウ゛ェングラーの演奏を集中的に聴いてみよう。
[PR]

by maru33340 | 2011-12-29 15:28 | お勧めの本 | Trackback | Comments(5)
2011年 12月 29日

Max Raabe - Küssen kann man nicht alleine

独逸の歌手であるマックス・ラーベのプロモーションビデオに出会い、
すっかりファンになってしまった。

マペット人形が主演し、物語は苦味と甘さが共存したとても魅力的なもの。

マックス・ラーベ本人も少し登場しています。(蝶ネクタイ・金髪の姿)

マックス・ラーベという歌手を少し調べてみると、ワイマール共和国時代の独逸
の大衆歌謡、後にナチスによって退廃芸術という烙印を押された音楽を、現代
に再現した人で、you tubeで他のビデオを見ると、素晴らしい美声と無表情で
直立不動で歌うその姿に、まさに第二次大戦前の独逸の雰囲気を感じ、魅了された。

まずは、ご覧下さい。

歌のタイトルは「キスをおそれるな」

ココ⇒
[PR]

by maru33340 | 2011-12-29 11:13 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(4)
2011年 12月 25日

スコアを追いながら

今日は、マーラー交響曲9番の終楽章をスコアを眺めながら聴いてみた。

すると、なんとまあ最後までスコアを追いかける事が出来た。

この楽章はマーラーの交響曲の中でも最も好きな楽章故、学生時代から何度聴いたことかと思うほど聴いているから、ほぼ流れの記憶はあるし、アダージョ楽章で透明感のあるスコアだから、追いかけやすいということはあったと思う。

しかし、一つの楽章を最後まで追いかけることが、こんなに楽しい事であるということを、今日初めて体験した。

新しい音楽の楽しみ方の発見でこれからが楽しみになってきました。
[PR]

by maru33340 | 2011-12-25 23:24 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 24日

聖夜に読む『イエスの言葉 ケセン語訳』(山浦玄嗣著、文春新書)

暮れになると街頭スピーカーで「悔い改めよ。天の国は近づいた。」と繰り返し流している風景を良く見かける。

僕は昔から、日本でキリスト教があまり普及しない要因の一つとして、あの風景があるんじゃないか、と感じていた。

いかにも上から目線で一方的な物言いが、日本人の潜在意識にキリスト教への反発感を育てていたのじゃないかな、と。
そして、そこにはどうも聖書の翻訳の言葉の問題もあるのかも知れないと感じていた。

しかし今日、そんな違和感を取り払ってくれるような聖書の日本語訳に出会った。

ケセン語=岩手県気仙地方の言葉で訳された福音書である。

先の「悔い改めよ。天の国は近づいた。」は、ケセン語では、
「さあ、心(こゴろ)ォスッパリ切り換ァろ!
神さまのお取り仕切りァ今まさに此処にある!」
となる。

そして、「わたしは道であり、真理であり、命である。」は、
「俺ァ、人ォ
本当の幸せに導ぐ。
俺ァ、人ァ
本当の幸せになる
なり方ァ教える。
俺ァ、人ォ
幸せに活ぎ活ぎ生がす。」

訳者の山浦玄嗣は、岩手県に住む医者である。

3. 11の震災で津波にあった倉庫に奇跡的に残っていたケセン語訳聖書の事が、口コミで広がり3000冊の在庫があっという間に売れてしまったという。

この本は、そのケセン語訳聖書から38の言葉が選ばれている。

いづれも、素朴で、自分の直ぐ傍でキリスト(ケセン語では「お助けさま」)が語りかけてくるような、しみじみとした味わいに満ちていて、もし井上ひさしがキリストを主人公にして戯曲を書いたら、こんな風に語っただろうなと思わせる。

どの言葉も良いけれど、最後にもう一つだけ。

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。」のケセン語訳。

「この俺にァ、
人ォ立ち上がらせる力ァある。
活ぎ活ぎど人ォ生がす力ァある。
この俺ァ語っ事ォ
本気で受げ止め、
その身も心も委ねる者ァ、
仮令死んでも生ぎるんだ。」
[PR]

by maru33340 | 2011-12-24 23:51 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 23日

アンジェラ・ヒューイットの「ゴルトベルク変奏曲」

昨夜、思いがけず、アンジェラ・ヒューイットの弾くバッハの素晴らしさを共有出来る人との出会いがあり、このアルバムを聴き返している。

イギリスではアンジェラ・ヒューイットは「現代最高のバッハ弾き」と言われているけれど、日本ではそんなに高く評価されているとは言えないようだ。

あまりに明るく澄みきった蒼空のような彼女の音色が、どちらかと言えば「深刻好み」の日本のクラシック音楽好きの趣向に合わないのかなあ。

しかし、彼女のバッハを聴いていると、吉田健一の言う「精神と生活のバランスが取れた状態」とはこのような状態なのだと実感出来て、幸福感に満たされる。

澄んだ音色、安定したテンポ、自然な呼吸。

これみよがしな所がなく、どこをとっても無駄な力が入っていない彼女の演奏を聴いていると、まさに名人の語る落語を聴いている時にも似た至福の時間を感じる事が出来るのだ。
[PR]

by maru33340 | 2011-12-23 23:16 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 22日

スコアを眺めながらマーラーの交響曲を聴く

金聖響と玉木正之による共著『マーラーの交響曲』(講談社現代新書)を読んでいたら、「是非スコアを眺めながらマーラーを聴いて欲しい」と力説している。

例えわからなくても、模様を眺めるようにスコアを見ながら聴くだけで何度も楽しめるという。

僕はスコアは読めない。

しかしまあ、そんなに言うのならと、昨夜マーラーの交響曲9番のスコアを買ってきて、それを眺めながらCDを聴き始めた。

最初はかろうじて譜面を追ってはいけるけれど、やはり直ぐに追いつけなくなる。

結局1楽章だけを、カラヤン、バルビローリ、ジュリーニの3つの演奏で聴くも、やはり途中でおいてきぼりになる。

しかし不思議なもので、スコアを追う事に夢中になっていると演奏の違いを気にする余裕はなく、マーラーの音楽そのものと対峙しているような気になってくるから面白い。

もう少し挑戦して、何とか(1楽章だけでも)最後までスコアを眺められるようになるのを、この冬休みの目標にしようかな。
[PR]

by maru33340 | 2011-12-22 08:08 | お勧めの本 | Trackback | Comments(8)
2011年 12月 21日

深夜に聴くベートーベンのヴァイオリン協奏曲

忘年会の季節。

帰宅し、少し心を静めてから眠りたいなと思い、ベートーベンのヴァイオリン協奏曲を聴き始めた。

今まであまりこの曲を意識的に聴いたことはなかったけれど、やはり清潔な美に満たされた素晴らしい曲であると、今更ながら気づいた。

演奏はフランク・ペーター・ツインマーマン独奏、ジェフリー・テイト指揮イギリス室内管弦楽団によるもの。

緩やかで落ち着いたてらいのない演奏が、深夜に聴く音楽に相応しい。

実に良いなあ。
[PR]

by maru33340 | 2011-12-21 00:20 | お勧めの本 | Trackback(1) | Comments(3)
2011年 12月 19日

日本橋のショットバー「風長閑(かぜのどか)」にふらりと立ち寄る

夕方、仕事で日本橋に行き、そのまま直退。

「丸善」に寄って帰ろうとすると、路地の入り口に、ショットバー「風長閑」という小さな看板を見つける。

少し気になり、狭い階段を降りて店内へ。

店の雰囲気は良い。

早い時間はドリンク半額というのも嬉しい。

「ジンフィズ」を一杯とお薦めのカクテルを一杯飲んだが、どちらも旨い。

日本橋には時折仕事で立ち寄るので、また行ってみたいお店になりました。
[PR]

by maru33340 | 2011-12-19 22:16 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 18日

エッセイは淡雪に似て

沢木耕太郎のエッセイ『ポーカー・フェース』(新潮社)を読了した。

昨日、映画館からの帰りに、夕方図書館で借りて、そこからすき間時間や寝る前に読み、先程読了したから、まあ一気に読んだと言えるだろう。

面白かった。

しかしまあ、何がそんなに面白かったのかと聞かれると全く思い出せないのだ。

いや、忘れているのではない。

現にその中の一つのエッセイは以前雑誌で読んだ事があり、この本で読んだ時に、かなり細部にいたるまで覚えていた。

しかし今は、夢中で読んで面白かったという記憶だけが残っている。

内容はまるで淡雪のように消えて、なんのためでもなく、ただ「面白い時間を過ごす事が出来た」という記憶だけが残る。

これはもしかすると、理想のエッセイの楽しみ方なのかも知れません。
[PR]

by maru33340 | 2011-12-18 22:11 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)