<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

黒沢明の映画『どですかでん』と、何故か「あまちゃん」の共通点

先日の友人のブログに「ごてすか」というイメージ豊かな造語(?)を駆使する母親の話がアップされていた。

その言葉の響きから僕は、黒沢明の映画『どですかでん』(1970年)を思い出した。

黒沢としては異色の物語で、こんなストーリーである。

とある郊外の街の貧しい地域。
知的障害のある六ちゃん(頭師佳孝)は、毎日近所に出かけては、他人には見えない電車を運転している。
内職職人の良太郎(三波伸介)は、妻が浮気性なため、子供をたくさん背負っている。
穏やかな性格の島さん(伴淳三郎)は、会社の同僚を家に連れてくるが、無愛想な妻の文句を言われて激怒する。
乞食の父親(三谷昇)は、いつも息子に夢想話を語っている。
平さんは(芥川比左志)物静かで謎の多い人物。
街の長老・たんばさん(渡辺篤)は、家に押し入った泥棒に金を恵む。

ここに暮らす人たちは、変わった人ばかりである。六ちゃんはその中で電車を走らせ、日は暮れてゆく。


こうしてストーリーを紹介していても実に変な話である。

この作品の前の黒沢作品は三船敏郎の『赤ひげ』であり、この『どですかでん』は興業的にも失敗し、以降10年間黒沢は日本映画界から遠ざかることになる・・・

とここまで書きながら、僕は実はこの映画を観ていないことにふいに気がついた。

「あまちゃん」の脚本家である宮藤官九郎が、「全ての映画の中でこの作品が一番好き」と語っていることも、少し調べて初めて知った。

そういえば、「あまちゃん」もまた、ストーリーだけを書けば「少し変わった人たちの繰り広げるヒューマンコメディー」と言えるわけで、もしかすると「あまちゃん」の原点は『どですかでん』なんじゃないか、という気がしてきた。

じぇ、じぇ!
『どですかでん』をTSUTAYAで借りてきて観なくちゃ。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-31 21:32 | 映画 | Trackback | Comments(7)
2013年 07月 29日

夢にうなされる

こんな夢を見た。

戦前の日本。
画家である僕は仲間の画家達と展覧会を企画していたが、特高警察に目をつけられ展覧会の中止を命ぜられる。

軍関係の有力者に働きかけ、「戦争讚美の作品を1点展示するなら、他の作品の展示も許す、ただし事情は周囲に言ってはならない」と言われ、僕は戦争画を書くことになった。

そこへ、左翼の運動家が乱入し、「おまえは国に魂を売ったのか?」と激しく罵られ、「魂がまだ生きているなら展覧会に火をつけろ」と迫られる。

展覧会を開くためとはいえ、戦争画を書く僕に仲間の眼は冷たく、左翼グループからも非難され、自暴自棄となった僕は展覧会の初日、会場に火をつける。

燃え盛る火が東京の下町を焼き尽くす風景を茫然と眺める僕の前に特高警察が現れた所で目が覚めた...

体調不良と暑さと湿気が生んだ悪夢にしては、やけに生々しく、深い疲労に襲われてしまった。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-29 07:16 | お勧めの本 | Trackback | Comments(5)
2013年 07月 27日

ひぐらしの鳴く朝に

早朝、蒸し暑さに目覚め窓を開けるとひぐらしの鳴く声がする。

僕の中では、ひぐらしは晩夏の夕暮れのもの悲しいイメージがあり、それは嫌いではないけれど、7月の猛暑の夜明けに聞くその鳴き声には、胸が締め付けられるような寂しさを感じてしまう。

連日の暑さでひいてしまった夏風邪もまだスッキリと治らず体調も良くないせいだろうか。

世の中はねじれが解消して、これから景気が回復すると浮かれモードだけれど、果たしてそうかしら。

内田樹さんも書いていたように、ますます人々が単純でわかりやすいものを志向するようになって、政治的に取り返しのつかない状態になってしまうような気がしてならない。

遠雷もなり始めそうな空の気配は、何を暗示するのか。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-27 05:06 | お勧めの本 | Trackback | Comments(3)
2013年 07月 23日

ナイジェル・ショート&テネブレ合唱団によるバッハのシャコンヌを聴く

しばらく少し涼しい日が続くと安心していたら再び熱帯夜が戻ってきた。

昨夜夜中に目覚めて、ナイジェル・ショート&テネブレ合唱団によるバッハのシャコンヌを聴いた。

独奏ヴァイオリンと合唱によるバッハのシャコンヌは初めて聴いたけれど、どこか秘儀のように神秘的な響きで僕を魅了する。

テネプレという合唱団の名前は「暗闇」を意味している。
これは、復活祭の聖務で、夜明け前に行われる朝課で歌われる曲の名称で、朝課の最後に13本のロウソクを1本ずつ消していくことから取られたそう。

このアルバムでは、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番各ナンバーの間に、教会カンタータ第4番『キリストは死の縄目につながれたり』ほか、バッハのコラールを挿み込み、最後にシャコンヌが合唱付きで歌われる。

シャコンヌの後には、小編成でフォーレのレクィエム が歌われているけれど、この演奏が、限りなく静かで透明な祈りのような音楽になっている。

まるで一つの礼拝に自分が参列しているような気持になるこの美しいアルバムは、やはり夜更けの暗闇の中で聴きたい。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-23 06:34 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)
2013年 07月 21日

あっけないねじれ解消

夏風邪で喉と頭が痛い。

今日は休みを使ってレポートを書く予定だったけど、しんどいので半日横になっていた。

食事と風呂を済ませ選挙速報をつけたら、既に自民党が過半数獲得確実でねじれ解消が確定。

いつもなら何となく見続ける選挙速報はもう見たくなくなってテレビを消して、フォーレのレクイエムを聴いている。

今後の日本の未来に対する追悼の気持ちで...

しかしこれじゃあいけない。

自分に出来る事は何か、真剣に考えないととんでもない未来が待っている予感がする。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-21 20:31 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2013年 07月 20日

銀座で見つけた『西行弾奏』(沓掛良彦著)

東京で好きな本屋は、神保町では「東京堂書店」、銀座では「教文館」になる。

大型書店は本を探すには良いけれど、書店内を逍遥していて思わず見知らぬ本に出会えるという喜びに関しては、先の二つの書店にはかなわない。

二つの書店に共通しているのは、平台に置いてある書物が魅力的であり知的刺激を受けること。

新橋に通勤していた時には、毎日のように有楽町まで歩き「教文館」の平台を眺め、一日の疲れを癒した。

今は地方に勤めているから東京の本屋に行けるのは出張の機会となってしまうので、たまに訪れるとついあれもこれもと買いたくなり、帰りの新幹線に大きな紙袋を抱えて乗ることになる。

先日の東京出張の際に見つけた『西行弾奏』は、1941年生まれの西洋古典文学者である著者沓掛良彦が、遺著のつもりとして敬愛・愛読する西行への思いを綴った本である。

そのまえがきにこうある。

「傑出した国文学者であった石田吉貞に、「西行の歌の不可能性」という甚だ示唆に富む論文があって、西行の歌は弾き方のわからなくなった古代の楽器のようなものだと説かれているが、西行に関するさまざまな著作を通覧してみて、石田の指摘が当を得たものだと、改めて思わざるを得なかった。
西行はその伝記的事実に関しても諸説紛々だが、なによりその歌において実に多様な解釈を許す存在だというほかない。要するに西行の歌は弾く人に応じて異なった音色を奏で、それに応じて読者の数だけ微妙に異なった西行像があり得るということである。」


このことは、こと西行に関してだけではなく、芭蕉にせよ世阿弥にせよ、いやいや漱石にしてからが「現代語訳坊ちゃん」という本が出ているほどだから(!)言えることだろう。

著者が奏でる演奏がいかなるものなのか楽しみながら、休日にゆっくりと読んでみたい。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-20 07:08 | お勧めの本 | Trackback | Comments(6)
2013年 07月 18日

浮世絵Floating World

どうせはかないこの世なら
いっそ浮かれて暮らしたい
夢かうつつかうつつか夢か
後に残りし錦絵一枚

なんて戯れ歌を口ずさみたくなるような展覧会が開かれているのは、東京丸の内の三菱一号館美術館。

題して、浮世絵Floating World 。

出張の合間を使い灼熱の丸の内を歩き美術館に到着。

中庭を眺めてからしばし凉をとり、浮き世を忘れ、冨獄三十六景や東海道五十三次の世界に遊んだ。

益々浮世絵の世界に惹かれていく日々が続くようです。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-18 23:37 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2013年 07月 18日

時の忘れもの―ゲザ・アンダのモーツァルトのこと

ゲザ・アンダが晩年(といってもまだ52歳)にウィーン交響楽団を弾き振りしたモーツァルトのピアノ協奏曲20番・21番の演奏を聴いている。

これは本当に聴いていて溜め息が出るほど美しい演奏だ。

アンダのピアノの音は純粋で透明である。

しかし、時折テンポを微かに揺らす時には、まるで木漏れ日の中で光を感じながら、澄んだ明るい空を眺めている時に、時折そこにうっすらとした翳りが漂うような心持ちがする。

まるで儚い淡雪のような美しい夢の時間が、ほんの一瞬現れ、手を伸ばそうとすると消えてしまうよう。

特に20番の1楽章カデンツァに入る前、一瞬の間を置いてテンポを落として最初の音が奏でられる時には、そこだけ時間が止まったかのような至福の瞬間が現れる。

こんなに美しいモーツァルトには滅多に出会えないと思う。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-18 06:15 | お勧めの本 | Trackback | Comments(8)
2013年 07月 15日

私の挽歌は鷗らにうたわせよ-岡倉天心のこと

岡倉天心について知っていることと言えば『茶の本』の作者であるということくらいである。

『茶の本』は昔、アンダーラインなどを引きながら読んで随分感心したけれど、今はその内容もほとんど忘れてしまった。

もちろんウイキペディアにある下記のようなことは知識としては知っていたけれど、その奥に潜む天心の思想や思いについて今まで深く考えたことはなかった。

【岡倉天心】
東京美術学校(現・東京藝術大学)の設立に大きく貢献し、また日本美術院を創設した。
近代日本における美学研究の開拓者で、英文による著作での美術史、美術評論家としての活動、美術家の養成といった多岐に渡る啓蒙活動を行い、明治以降に於ける日本美術概念の成立に寄与した。

昨日朝の日曜美術館の「岡倉天心」の特集を、家事の合間に見ながら、彼の人生の前半の意気軒昂たるありさまと晩年(彼は1913年50歳で没している、今年が没後100年になる)の孤独と寂寥とのギャップに心打たれた。

番組の最後に朗読された、天心が亡くなる直前に、あるインドの女性詩人に送った手紙の中の文章からは、晩年の彼の心情が痛いほど感じられる。

私が死んだら
悲しみの鐘を鳴らすな。旗をたてるな
人里遠い岸辺、つもる松葉の下ふかく
ひっそりと埋めてくれ−あのひとの詩を私の胸に置いて。
私の挽歌は鷗らにうたわせよ。
もし碑をたてねばならぬとなら、いささかの水仙と、たぐいまれな芳香を放つ一本の梅を。
さいわいにして、はるか遠い日、海もほのかに白む一夜、甘美な月の光をふむ、あのひとの足音の聞こえることもあるだろう。
     


少し岡倉天心のことを調べてみたくなった。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-15 06:37 | 美術 | Trackback | Comments(4)
2013年 07月 11日

こんなに暑い夏は・・・

確か今年の冬はとても寒くて、
「最近は冬と言っても子どもの頃の様に心底しばれるようには寒くなかったけれど、今年の冬は別格。いくらなんなでもこんなに寒くなくってもいいじゃない。」
なんて毒づいていたけれど、最近の暑さはその真逆で、
「まるで子どもの頃の暑さが蘇ったようだけど、ここまで暑くなくたっていいんじゃない。」
と天を仰ぎたくなる。

この間までほとんど空梅雨だったし、明ければ一転この気候。

やっぱり地球はどっかおかしくなってるようだ。

このおかしさを作ったのもおそらく人間なので、今の地球を空から眺める創造者がいたとしたら、「あんたらのせいだべ。おらあ知らねえ。」となまってそっぽを向いて寝たふりするだろうなあ。
[PR]

by maru33340 | 2013-07-11 21:58 | 日常 | Trackback | Comments(8)