<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 24日

「からごころ」とは何か

出張帰りの新幹線の中で、銀座の「教文館」で入手した中公文庫の新刊『からごころー日本精神の逆説ー』(長谷川三千子著)を読み始めた。

この著者の本を読むのは初めてのことだったけれど、「本居宣長が「からごころ」と呼んだ機構を追及し、日本精神を問い直す」という帯の言葉が気になって。

著者はこのように書く。

「「日本的なもの」をどこまでも追求してゆかうとすると、もう少しで追ひつめる、といふ瞬間、ふつとすべてが消へてしまふ。我々本来の在り方を損ふ不純物をあくまで取り除き、純粋な「日本人であること」を発掘しようと掘り下げてゐて、ふと気が付くと、「日本人であること」は、その取り除いたゴミの山にうもれてゐる。(中略)
 われわれ日本人の内には、確かに、何か必然的に我々本来の在り方を見失はせる機構、といつたものがある。本居宣長はそれを「からごころ」と呼んだ。」

「がんばれニッポン」のコールが渦巻く今日この頃、そこになにやら「危うさ」を感じながらも、ふとその渦に巻きこまれそうになったりする自己のメンタリティーはどこからくるのか、なんてことを漠然と思っていたのも、この本を読もうと思った背景にあるかも知れない。

とても微妙な主題を、すれすれの所に踏みとどまりながら書く筆の冴えは、昭和61年、著者が30代半ばに書いたデビュー作とは思えぬほど完成の域に達している。
(残念ながら、その後著者は少しく思想的にエキセントリックな方向に向かってしまうわけだが)

小林秀雄の『本居宣長』について語ったこんな文章もある。

「「解釈」といふことの内にすでにひそむ我執を、洗って洗って洗いつくして、自分が何の変哲もないただの板切れ一枚になったとき、突如それを共鳴板として「宣長の肉声」が響きだすーそうなったときがおそらく、小林秀雄氏の『本居宣長』を書き始めたときであつたらう。」

この文章は、僕が知る限りもっとも小林が書きたかったことの本質に迫った批評のように思う。

この本の問いかける主題は重い。

繰り返し自らの問いとして受け止め考えなくてはいけないなあ。

からごころ - 日本精神の逆説 (中公文庫 は)

長谷川 三千子/中央公論新社

undefined





[PR]

by maru33340 | 2014-06-24 21:48 | お勧めの本 | Trackback | Comments(5)
2014年 06月 18日

言葉のさみしさ、佐藤文香の俳句のこと

東京出張で友人から佐藤文香という若い俳人の句集『海藻標本』(宗左近俳句大賞受賞作)を借りて、掛川への帰りの新幹線の中で読了。

作者は国文学者を父に持ち、俳句甲子園において「夕立の一粒源氏物語」の句で最優秀賞を得た。

その句の凛としたたたずまいは高校生のものではなく、自我の叫びも甘えも超えた一種異様なまでの落ち着きと完成度に驚く。

この句集は彼女の第一句集だけれど、どの頁を開いても、高い言語感覚と知性を感じると同時に、若くして「見るべきもののことは見つ」という境地にいるものの微かなかなしみが漂う。

例えばこんな四句。

「牧神の胴にひまわり枯れかかる」

「春日傘閉ぢてはじめの空あかるし」

「糊代をはみだしている薄暑光」

「かぎろひの熱を保てる映写機よ」

繰り返し読んでいると、その言葉の選び方の的確さ、句の姿の美しさが沁みてくるようだ。
[PR]

by maru33340 | 2014-06-18 18:29 | お勧めの本 | Trackback | Comments(3)
2014年 06月 16日

純度100%のスカルラッティ

会社のクラシック音楽ファンお勧めのアレクサンドル・タローの演奏によるスカルラッティのソナタを聴いている。


スカルラッティの音楽は、どこか別の星の音楽のような趣があり、時に鋭利な刃物を首筋にすっと突きつけられるような怖さがあるけれど(特に、ポゴレリッチの演奏!)、このアレクサンドル・タローはそうした怖さはそれほど感じない。


そのかわり、ここには純度100%の冷たい水を飲み干すような爽快な心地よさがある。


これからの、蒸し暑く寝苦しい季節に聴けば最高の清涼剤になるであろう素敵な演奏だ。





スカルラッティ:ソナタ集

タロー(アレクサンドル)/ユニバーサルミュージック

undefined




[PR]

by maru33340 | 2014-06-16 21:07 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(1)
2014年 06月 11日

初期上村松篁絵画の写実の凄み

f0061531_2358814.jpg

昨日一昨日と次回、次々回アートハウスの展覧会の企画の参考のために、京都に出かけた。

一昨日は京都国立近代美術館で開催中の上村松篁展を見る。

これはとても素晴らしい展覧会だった。

僕が知っていた上村松篁の作品は、70代以降の、鳥や花を象徴的に描き心穏やかな気持ちになる作品だったけれど、今回の展示で初めて見た若き日(まだ10代)の卒業製作として書かれた鳥の絵画は、時物の背後にまで眼を届けようとするまでの激しい写実への意思を痛いほど感じる。

若き松篁が、飽かず写生を続けた金魚もまた、今にも画面から跳ね出て来るのではないかと思うほど、生命力に溢れている。

展覧会カタログを買い求め、宿に帰りそれらの絵画を眺めたけれど、本物の持つ見るものを惹き付けて離さない力はそこにはなかった。

やはり、現物だけが持つ力があることを改めて痛感した。
[PR]

by maru33340 | 2014-06-11 23:58 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2014年 06月 09日

淡雪のようなケンプのモーツァルト

最近毎日のようにモーツァルトのピアノ協奏曲を聴いている。

今朝はケンプによるモーツァルトの23番(1960年録音)を。

これはまるで淡雪のように音もなく降り、気がつけば消えてしまうほど、柔らかく静かな音楽。

そのピアニシモのはかなげな風情は他のピアニストからは聴くことが出来ないケンプならではの味わい。

やや緩やかなテンポも心地よく、ずっとその世界に浸っていたいほどで、音楽が終わるのが惜しく、微かな哀しみを感じてしまう。

梅雨の晴れ間の休みの朝にこれほど似合う音楽は少ないかも知れない。
[PR]

by maru33340 | 2014-06-09 07:43 | お勧めの本 | Trackback | Comments(6)
2014年 06月 02日

藤田嗣治の装丁でモーツァルトを聴く

f0061531_215641.jpg
過日、神保町の中古CDショップで、何となく棚を見ていたら、どうも藤田嗣治の絵をジャケットにあしらったらしいCDを見つけた。

少し調べてみるとこの女性は、このCDの演奏者のフェリシア・ブルメンタールという1908年生まれのピアニストで、確かにこの肖像画は藤田嗣治が1957年に描いたものであった。

フェリシア・ブルメンタールはポーランド生まれのピアニストで、10歳でコンサートデビューし、将来を嘱望されたが、1942年にナチスの台頭してきたヨーロッパを離れて、夫であり画家のマルクス・ミツネとともにブラジルに移住。
戦後、1962年にミラノに、1973年にロンドンに移住し、1991年演奏旅行の最中にイスラエルで客死した。

そのレパートリーは、バロック音楽から南米の現代音楽までと多彩だが、録音はマイナーレーベルのみであり、今や幻のピアニストの一人であるらしい。

このCDのモーツァルトのピアノ協奏曲の演奏(1971年録音)は、端正で溌剌としていて、現代音楽を得意としていただけあり切れ味鋭いなかなかの名演。
レオポルド・ハーガー指揮ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団の伴奏も澄んだ音色が心地よい。

これはもしかすると、隠れた名盤ではあるまいか?



[PR]

by maru33340 | 2014-06-02 21:56 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(8)