新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 31日

闇夜に一人ゴンドラを漕ぎ出すような音楽、ベートーヴェン弦楽四重奏曲15番のこと

ある人は言った。

「(後期の)ベートーヴェンは何故あんな凄い曲を書けたのでしょう。」

それに答えるためにはおそらく一生を費やし分厚い本を数冊書いても足りないだろう。

この所、ずっとベートーヴェンの弦楽四重奏曲を聴いてきたけれど、「本当にこれは一人の人間の成し遂げたことなのか。」と改めて感嘆する。

そして、たとえ彼が弦楽四重奏曲しか残さなかったとしても、その偉業は仰ぎ見るようなことなのに、まだあの交響曲やピアノ・ソナタもある。

吉田秀和は(と、いつもこの人の言葉に帰っていくのだけれど)、「ベートーヴェンの手を通って、弦楽四重奏曲は、偉大で、しかし、すごく人間的なものになった」と書き、こんな風に続けている。

「人間という存在は、よろこんだり、怒ったり。陶酔したり、ものすごく目ざめていたり。信じたり、疑ったり。愛したり、憎悪したり。宥和したり、格闘したり。子供のようだったり、いじわる爺さんになったり。やさしかったり、かたくなだったり。あらゆる人間を許し、抱擁しようとしたり、誰ひとり近よることを認めず、孤独の闇のなかで、梟みたいに目ばかりぎょろぎょろさせていたり。冷たくおしだまったまま、しかし、両眼から涙を流していたり。といった具合に、より「人間的に」なればなるほど、同時に人間的なものを越えた存在になるのだ。」

そして、更にこう書く。

「いや、人間を越えてしまったというのではない。人間を越えた存在への予感と、それへの触手が生まれてくるというほうが正解だろう。ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲は、根本において、音楽となった祈りなのだ。」

いつもながらその言葉に付け加えることはないほど、ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲を表現している。

後は、その音楽を聴くばかり。

ここ数日は「古典弦楽四重奏団」による15番の弦楽四重奏曲を繰り返し聴いている。

祈りに満ちた3楽章が終わり、4楽章の第9交響曲の終楽章の旋律に似たコーダに続き、とぎれなく5楽章の冒頭の、まるで闇夜に一人ゴンドラを漕ぎ出すようなほの暗い主題が鳴り始める箇所に来ると、何度聴いても胸を締め付けられるような気持になる。

ベートーヴェンの音楽の謎はますます深まるばかりだ。

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番 イ短調 作品132

インディペンデントレーベル


[PR]

by maru33340 | 2015-05-31 07:53 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 27日

秩序と自由と グルダの「バッハ・アーカイブ」のこと

f0061531_7435294.jpg

その少しビル・エヴァンスに似た男は遠い目をしている。

ウィーンのピアニストである彼が1946年のジュネーブ国際コンクールの最終予選の最後に登場した時は、このサラリーマン風の小柄な男に期待するものはほとんどいなかった。

しかし、彼がバッハのトッカータを弾き始めた時に、審査員も聴衆もその背中に電流が走ったように慄然とした。

フリードリッヒ・グルダはこのようにして生まれた。

久しぶりにそのグルダによる「バッハ・アーカイブ」を聴き始め、その秩序正しく、しかし堅苦しい所が全くなく自由で、少し乾いた心地よい音色によるバッハに引き込まれた。

一時期グルダによる「平均律」を繰り返し聴いていた事を思い出した。

この遠く軍靴の響きが聞こえてきそうな今の日本で、確かな技術に裏付けされた自由で清潔な音楽を聴くことは、一服の清涼な飲み物を飲みほすような爽やかさがある。
[PR]

by maru33340 | 2015-05-27 07:43 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)
2015年 05月 23日

西川美和の映画と本のこと、含羞と虚無の向こうにあるもの

映画監督西川美和の作品を見たのは「ゆれる」と「ディア・ドクター」の2作。

「ゆれる」には衝撃を受けた。

何より香川照之の演技が凄かったし(その後テレビに出すぎてしまって今は少し食傷気味だけど)、真木よう子の虚無的な美しさが光っていた。

この数年の僕の日本映画のベスト3に入る。

「ディア・ドクター」は鶴瓶の役者としての凄みを実感した作品。

人懐っこい雰囲気の奥にあるこの人の怖さを引き出した西川美和の手腕に感心した覚えがある。

その西川美和の小説『永い言い訳』(文藝春秋)を先日読了した。

これは久しぶりにのめり込むように読んだ小説だった。

主人公は全く持ってダメな人間だし、最初はそのあまりのダメさ加減が嫌になって投げ出しそうになったけれど、60ページを過ぎたあたりから一気に物語の中にのめり込み、最後には涙が止まらなくなった。

随所に作者の透徹した苦いまなざしで見据えたような台詞がある。

例えば、

「踏み外したことのある人間にしか、言えない言葉もあるでしょう。そういうことばにしか引き止められないところに立っているやつも居るんです。ぎりぎりのとこで、肩掴まれて、やっと踏みとどまれる時ってあるもの。ああ、だったら僕も、逸れているなりに、なんとか、やってきますって」

このどこか虚無的な、それでもどこかで微かに人間という生き物に希望のようなものがあると信じているような視点に見覚えがあるような気がして、考えていて、「これは山田太一の視点だ」と気づいた。

そのことは続けて読んだ西川美和の初エッセイ『映画にまつわるXについて』(実業之日本社)を読んで確信に変わった。

群れることを生理的に嫌い、安易な正義に与せず、含羞に満ちて、虚無的で、それでいてその心の底には小さな希望を見ようとする硬質な意志があること。

だれもその作品を継ぐ者はないかと思っていた山田太一の遅れてきた継承者を西川美和に見てとるのは早計だろうか。

永い言い訳

西川 美和 / 文藝春秋



映画にまつわるXについて

西川 美和 / 実業之日本社


[PR]

by maru33340 | 2015-05-23 23:05 | お勧めの本 | Trackback | Comments(6)
2015年 05月 21日

バリリのモーツァルトは…

朝起きて新聞を読みながら音楽をかける。

この時何を聴くかは、その日の気分や天気にも影響を受けるし、うまく音楽が選択できた時は一日何となく気分が良い。

今朝は良く晴れた快晴。
湿度も低く肌に心地よい。
しかし、あまりに透き通った空に微かな哀しみも覚える。

こんな日はやはりモーツァルトがふさわしく、バリリの演奏によるヴァイオリン・ソナタを聴き始めた。

この演奏では、喜びと翳りがくるくる交錯するモーツァルト特有の音楽が、まるで映画の回想シーンのように懐かしい色合いで流れ去る。

特に、28番ホ短調のソナタは、喜びも哀しみも、永い時間を過ぎていつか遠い遠い過去になるように、運命の全てを受け入れた後の一人の美しい孤独な人の姿のように清潔なたたずまいの音楽だ。

僕は黙って少しうつむいてその美しい姿を見つめ、耳を澄ます。
[PR]

by maru33340 | 2015-05-21 07:50 | 未分類 | Trackback | Comments(3)
2015年 05月 17日

悲しきワルツ、シベリウスとシャルフベックのこと

f0061531_8294438.jpg

今朝の「日経」で、フィンランドの画家ヘレン・シャルフベックのことが紹介されていた。

故国では有名なこの画家のことは、日本ではあまり知られておらず、僕も恥ずかしながらその名前を知らなかった。

シャルフベックは1862年から1946年まで生きた画家だから、シベリウスの生涯に重なる。

ちょうど友人の影響で、ここ数日シベリウスの音楽をまとめて聴いていたから、これは何かの縁なのだろう。

彼女の代表作「快復期」が発表された1888年頃は、フィンランドはナショナリズムの機運が急速に高まっていたころだから、パリでの名声とは裏腹に、彼女の繊細な絵画は当時故国ではあまり受け入れられなかったようだ。

その後彼女は故国で絵画の教師をしていたが、体調不良もあり、1912年頃からは自宅に引きこもり絵を描いていたらしい。

シベリウスもまた、若い日に「フィンランディア」で祖国の英雄になりながら、その作風は次第に晦渋になり、晩年は30年以上も作品を公に発表していない。

故国のナショナリズムの盛り上がりの影で、この二人の芸術家が内的な苦悩を抱え世の中から遠ざかっていったことを思うと、複雑な気持ちになる。

二人の肖像画に漂うどこか悲劇的な翳り(それは作品からも漂う)には、しかしまた孤独の中で瞑想する芸術家の矜持も感じられるのだ。
[PR]

by maru33340 | 2015-05-17 08:29 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 16日

ホフマイスター、言いかけてやめた言葉

モーツァルトの弦楽四重奏曲ではやはりハイドン・セットが有名だし、内容も充実していることは間違いない。

しかし、初期の曲もとてもチャーミングで喜悦に満ちていて気持ちが良いし、最後のプロシア王セットも合奏する歓びが聴いている方にも伝わってきて、楽しい気分になる。

しかし、「ホフマイスター」という名前のついている20番の弦楽四重奏曲は、あまり演奏される機会がない。

僕も意識的に聴いたのはそんなになかった。

今日その「ホフマイスター」を聴いていて、この曲も実に歌心に満ちた素敵な曲であると改めて知った。

伸びやかな1楽章は清みわたった青空を思わせるし、晴れやかな舞曲の2楽章は弦楽四重奏曲は宮廷から生まれた音楽であることを再認識させてくれる。
3楽章の優雅なアダージョは心地よい。

が、4楽章の冒頭が少し不思議な音楽なのだ。
まるで、言いかけた言葉を途中で飲み込むような不思議な旋律が繰り返される。
まるで何かをためらうかのように。

その後は、普通に晴れやかな音楽に戻るから、なんだか余計に「さっきのあれは何?」と聞きたくなる。

モーツァルトの音楽に時折見られる謎がここにもひそんでいるようで、少し気になる曲です。
[PR]

by maru33340 | 2015-05-16 17:49 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 08日

甘美の極みのベートーヴェン

ずっとベートーヴェンの弦楽四重奏曲を聴いていて、最近の一番のお気に入りの曲は、第10番の「ハープ」。

ラズモフスキー・セットと後期の傑作5曲にはさまれて、規模も小さくあまり目だたない曲だけれど、随所に見られる小津映画の伴奏音楽のような歌心に満ちた旋律が心地好く、ベートーヴェンとしては頑張りすぎない大人の余裕を感じさせる所が良い。

こういう曲は、あまりシャープな演奏は似合わないので、僕の最近のお気に入りはモノラル録音によるウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団によるもの。

少しグリッサンド気味の弦の響きは甘く響き、アンサンブルもそんなに厳格ではなく、気のあった仲間が集い楽しむという味わいがある。

あの「運命」・「田園」初演の翌年に書かれたので、それらの旋律を彷彿とさせる部分もあり楽しく、古い録音によるウィーンの弦の響きで聴いていると、甘美な菓子を味わっているような気分になる。
[PR]

by maru33340 | 2015-05-08 07:52 | 未分類 | Trackback | Comments(7)
2015年 05月 04日

最上のラズモフスキー、最上のベートーヴェン

f0061531_16442783.jpg

雨の休日の午後、自宅でベートーヴェンの弦楽四重奏曲ラズモフスキー・セットを聴いている。

演奏はズスケ弦楽四重奏団。

このベートーヴェンは本当に素晴らしい。

どこにも力みがないのに揺るぎなくしなやかで、随所に歌が溢れているのに情緒に溺れず、緊密なのに過度なこわばりはなく自由闊達である。

およそベートーベンの弦楽四重奏曲に求めることの全てがこの演奏にはあり、音楽を聴くことの悦びに満ちている。

ラズモフスキー・セット1番(作品59-1)の3楽章の歌を、ズスケ弦楽四重奏団は、感傷に寄りかからず、何処までも澄んだ湖のように透明で清潔な音楽として演奏していて、吉田秀和さんの言う「深刻な悲哀とともに、ベートーヴェンでなければみられない一種のミスティックな深まりの瞬間」を聴くことができる。

ここには最上のラズモフスキー、最上のベートーヴェンが存在する。
[PR]

by maru33340 | 2015-05-04 16:44 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 03日

おやすみなさい 大男

今朝の「日経」のコラム「半歩遅れの読書術」で歌人の道浦母都子氏が茨木のり子の詩「大男のための子守唄」について書いているのを読んで、その全文を読みたくなり、岩波文庫の『茨木のり子詩集』を本棚から取り出した。

それはどこか神話的なひろがりを持った不思議な詩だった。

こんな詩。

「大男のための子守唄」

おやすみなさい 大男
夜 冴え冴えとするなんて
それは例外の鳥だから
まぶたを閉じて 口をあけ
お辿りなさい 仮死の道
鳥も樹木も眠る夜 君だけぱっちり眼をあけて
ごそごそするのはなんですか

心臓のポンプが軋むほどの
この忙しさはどこかがひどく間違っている
間違っているのよ

おらが国さが後進国でも
駆けるばかりが能じゃない
大切なものはごく僅かです
あなたがろくでもないものばかり
作っているってわけじゃないけれど

お眠りなさい 大男
あなたは遠く辿っていって
暗く大きな森にはいる
そこにはつめたい泉があって
ひっそり燦めくものを汲みあげなければならない
ああ それが何であるかを問わないで

おやすみなさい 大男
一杯の清水を確実に汲みあげてこなければならない
でないとあなたは涸れてしまう
お眠りなさい 大男
二人で行けるところまでは
わたしも一緒にゆきますけれども


この詩は、茨木のり子の詩でも少し異色の味わいがあるけれど、読み返すたびに新しい発見がありそうな気がします。
[PR]

by maru33340 | 2015-05-03 09:14 | 未分類 | Trackback | Comments(3)
2015年 05月 02日

ラズモフスキー・セット 親和的世界からの逃走

ハイドン、モーツアルトの弦楽四重奏曲を聴いてきて、やはり再びベートーベンに至る。

以前、ベートーベンの弦楽四重奏曲全作品を作曲順に聴いていた時期があり、ラズモフスキー・セットの3曲を聴き終えた時に、ハイドン、モーツアルトから出発して随分遠くまで歩いてきたなあ、と感じたことを思い出した。

いや、歩いてきたというより、この3曲でベートーベンは今まで親しんできた世界(四人の弦楽奏者が、室内楽を弾く事を、まるで会話のように楽しむ親和的世界)から、一気に逃走してしまったようだ。

そこには、闘いや孤独や瞑想など、それまでの弦楽四重奏曲には含まれなかった要素が、厳格な形式とせめぎ会うように盛り込まれ、それらを解決した先に、誰も表現しなかった解放感(アウフヘーベンと呼んで良いのか)がある。

それはまさに「弦楽四重奏曲の完成」なので、この先を行くものはバルトークのように、蕀の道を満身創痍で歩むしかなかったのだろう。
[PR]

by maru33340 | 2015-05-02 07:55 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)