新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 25日

「マタイ受難曲」の「眼目」

f0061531_17101640.jpg


「マタイ受難曲」のキモはCD三枚目と思い定め、繰り返しいくつかの演奏で聴いているけれど、やはりカール・リヒターの新旧の演奏が今の僕にはとても親しいものに思える。

今日は久しぶりの休みだったので、歌詞と磯山雅氏の大著『マタイ受難曲』を見ながら丁寧に聴いていく。

第54曲「血と傷にまみれた御頭」の哀切、第59曲「ああゴルゴダ」の不安、そして第61曲イエスが「エリ、エリ、ラマ、アザプタニ!」と叫び、それをエヴァンゲリストがドイツ語で「これは、「私の神よ、私の神よ、どうして私をお見捨てになったのですか」という意味である。」と繰り返す箇所は、何度聴いても胸が張り裂けそうな気持になる。
(磯山氏の本で、イエスがこの悲痛な言葉を語るとき、それまでイエスが語る時には光背のように必ず添えられていた弦合奏がここでのみ姿を消している、ということを知った。)

そして、第62曲のコラール「いつか私が世を去る時」の後、神殿の幕が裂け、地震が起こり、岩が裂け墓が開き、眠っていた聖者たちの多くの身体が蘇る衝撃的な音楽の後のコラール「本当にこの方は、神の子だったのだ」という部分は、リヒターの演奏で聴くと、まるで天から光が差し込んでくるように神々しい音楽であり、まさに「マタイ受難曲」全体の眼目があると、ようやく全身で知った。

吉田秀和さんは、この部分について、次のように書いている。

「「マタイ受難曲」の、根本的な劇はどこにあるのだろうか?リヒターの考えでは、この劇の主人公は群衆、つまりイエスを憎悪し、侮辱し、虐待と乱暴の限りをつくした後で、十字架につけて殺戮した人びとである。(中略)イエスが捕らわれてからここ(「本当に神の子だった」と人々が気が付く部分)までの情景とこの音楽。そこにリヒターの演奏の最も大きなアクセントがおかれる。つまり、これは、罪びとたちが(つまりは私たち全部である)イエスの言うことを信じないばかりか、さんざん彼をおとしめ死にいたらしめたあとで、奇蹟に触れて、はじめて真実を認識するという、その回心の内側の劇として把握される。」

「マタイ受難曲」を今まで何度も聴いてきたけれど、本当に迂闊なことに、その音楽を「イエスの受難劇」とは思っても、「実は主人公は群衆(つまりは自分たち自身)」であるという見方をしてきたことがなかった。

まだまだ音楽への道は遠く険しいものである。
[PR]

by maru33340 | 2015-10-25 17:10 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(4)
2015年 10月 24日

バッハの不協和音

日帰り出張の行き帰りにウォークマンでバッハの「マタイ受難曲」を聴いている。

演奏はカール・リヒター指揮によるもの。
(1954年録音)

マタイのキモは、最後の1時間と思い定め、CD3枚目を繰り返し聴く。

マタイの最後の1時間は本当に凄く、随所に不協和音が満ちて、まるでオペラかと思えるような劇的な表現に戦慄を覚える。

最近は、やはりリヒターの音楽に戻り、その緊迫した表現に改めてうたれて「古楽器なにするものぞ」というような気がしています。
[PR]

by maru33340 | 2015-10-24 08:16 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(4)
2015年 10月 16日

ジャンドロンのバッハ無伴奏チェロ組曲

バッハの音楽が好きになってから、最初は鍵盤曲を聴き、次第にマタイ・ヨハネといった宗教曲の面白さに目覚め、最近は少しずつカンタータまで聴くようになった。

それらの愛聴盤は数えきれない程ある。

そして、無伴奏バイオリン・ソナタ&パルティータには、カール・ズスケという澄み渡った秋の月のような名演や、ミルシテインのノーブルで心に染み入る演奏がある。

しかし、無伴奏チェロ組曲だけは、本当に自分の心にしっくりくる演奏に出会えていなかった。

一番良く聴くのは、フルニエによる演奏で、とても品の良い演奏だけれど、僕にとって「これさえあれば」という所までいく演奏とは断言出来ないし、カザルスの演奏は本当に凄いけれど、やはり録音が古すぎて、まるでセロ弾きのゴーシュの奏でるチェロのように「ごうごう」鳴るので、次第に頭が痛くなってくる。

ヨー・ヨー・マやマイスキーの音楽は綺麗だけれど、「それはちょっと綺麗すぎやしませんか」という気持ちがどこかにある。

ビルスマも良いけど、やはりモダン楽器による決定版が欲しいと常々思っていた。

そんな時に、numabeさんのブログでモーリス・ジャンドロンの懐かしいフォーレのアルバムに再会し、そのジャケットも学生時代に見慣れたものだったので、思わずアマゾンでCDを頼もうとしたら、「このアルバムを買った人はこんなアルバムも買っています」という所に、ジャンドロンによるバッハの無伴奏組曲のアルバムが紹介されていたので、思わず一緒に頼んでしまった。

ジャケットは、例のDECCAの廉価版2枚組の愛想も面白みもないものだけど、演奏は最初の1音から僕にはとてもしっくりくる。

少し早目のテンポで、伸びやかで明るい音色で奏でられるその音楽は耳に心地よいけれど、決して軽すぎることはない。

「ごうごう」しすぎることもなく、軽すぎもせず、自己に沈積しすぎてしんどくもなく、それでいて表面的でもない。

ついに自分に一番ぴったりとくるバッハ無伴奏チェロ組曲に出会ったことが嬉しく、昨日から何度も聴いているけれど、集中してよし、本を読みながら聴きながしても良い。

こうした出会いはあるものなのだなあ。
[PR]

by maru33340 | 2015-10-16 21:06 | クラシック音楽 | Trackback(1) | Comments(6)
2015年 10月 11日

山田太一のエッセイ『S先生の言葉』

山田太一のエッセイ『S先生の言葉』(河出文庫)を読み始めた。

この本には、1974年から2002年のエッセイ集の中から、新たに編集された文章が収められている。
今後何冊か刊行予定のエッセイ集の最初の1冊らしい。

最近のエッセイ『月日の残像』、『夕暮れの時間に』に見られる、徹底したペシミズムと含羞は、この本に収められた比較的若い時期のエッセイにも既に顕れていて、読んでいて、こちらの心の奥を抉るような慄然とする文章に満ちている。

それは、少し怖ろしいほど。

その怖ろしさは、巻末の西川美和子の解説で端的に表現されている。

「語り口やさしく、おだやかな日常のエピソードを折り重ねた文体の中に鋭利な針が潜んでいる。ずっと人には黙って来た自分の秘密の腹を、脇からその細く長くしなる針で、音もなく襲われていくような気持がする。自分自身の凡庸さもよく飲み込んで来たつもりだ。それなりに上下に左右にと配慮もしながら世を渡っているつもりでもいる。けれどその実、いや、それでも自分はちょっとしたものではないか、俗物ではない、そんな短絡に物事を見てなどいない、などとひそかに思いたがっているみじめな腹もろとも、暴かれる。」

怖いけれど、読まずにはいられない。

名著である。

S先生の言葉 (河出文庫)

山田 太一 / 河出書房新社


[PR]

by maru33340 | 2015-10-11 11:21 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)