新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 25日

30年前の春のことなど

今から30年前1986年の4月白昼、一人のアイドル歌手が彼女が所属するオフィスのビルから飛び降り自殺をした。

18歳だった。

僕はその頃入社4年目。
そのビルの斜め前にあるお店を担当していて、営業で四谷方面を回っている時にそのニュースを車の中のラジオで聞いた。

そのアイドル歌手の後を追うように多くの若者がそのビルから飛び降り、一時は社会問題にまでなったけれど、その後その事件のことを思い出すことはなかった。

ところが今日読んでいた2冊の本で、本当に偶然にその歌手のことを読んだ。

1冊は小泉今日子の新しいエッセイ集『黄色いマンション 黒い猫』。

小泉今日子というひとはその書評集を読んで、実に頭の良い、素晴らしい文章を書く人という印象を持っていたけれどこのエッセイもとても良く、アイドルとして時代のスポットを浴びながらも時折よぎる自身の寂寥感をきれいに掬い取っていて胸を打たれる。

このエッセイ集の中で彼女は、自分より2年後輩のそのアイドル歌手のことをこんな風に書いている。(名前は書いていないけれど、あの時代を生きた人間には誰でもそうわかる)

「とても内気で、仕事じゃないときは牛乳瓶の底のように分厚い眼鏡をかけていて、時々ものすごく楽しそうに満面の笑みで話しかけてくれる、やわらかくふわふわした優しい女の子だった」と。

そして今日読んでいたもう1冊の本、北村薫著『うた合わせ 北村薫の百人一首』の中でも、まさかの偶然でそのアイドル歌手のことを歌った短歌に出会った。

「散華とはついにかえらぬあの春の岡田有希子のことなのだろう   藤原隆一郎」

この短歌を読んだ時に、そのあまりの偶然の符合に少し背筋にひんやりとしたものが走った。
[PR]

by maru33340 | 2016-04-25 22:40 | お勧めの本 | Trackback | Comments(6)
2016年 04月 20日

心の中に降る雨、リヒテルの平均律のことなど

熊本・大分の地震発生から1週間が経つけれど、未だに揺れが収まらない。

現地の状況を知る度に胸が塞がる思いになり、5年前の東北での震災の記憶とも重なり、鬱々とした毎日を過ごす中で、唯一の慰めはやはりバッハの音楽以外にはない。

今は受難曲を聴くのも辛く、鍵盤曲に手が伸びる。

久しぶりに聴いたリヒテルによる平均律は、残響の多い録音のせいもあり、まるで夢の中にいるような気持ちになる。

夢の中で僕は人の気配のない聖堂にひとりでたたずんでいる。
やがて屋外で静かに雨が降り始め、その音をぼんやりと聴いているといつの間にか雨は心の中に降っている。
それはたくさんの人の涙かも知れない。
けれどその雨は慈雨のように心を満たし落ち着きを与えてくれるように響く…

聴くことは祈ること。
それは現実にはまったく無力な行為かも知れないけれど、今の僕にはただ祈ることしか出来ないようだ…
[PR]

by maru33340 | 2016-04-20 06:44 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 17日

ただバッハだけが

5年前の春、東北での地震の後、音楽を聴くことも本を読むことも出来なくなった。

そしてしばらくしてようやく聴くことが出来るようになった音楽がバッハだった。

特にそれまであまり聴いていなかったバッハの受難曲が、あの震災以降渇いた砂に染み込む清らかな真水のように僕の胸に自然に染み込むようになった。

以来今日にいたるまで最もよく聴くのは「マタイ受難曲」になったけれど、今回の熊本・大分での震災後も、何とか日常生活をこなしながら聴くことが出来るのはその曲だけだ。

最近入手したベーム指揮フリッツ・ヴンダーリッヒ福音史家のマタイは、古いラジオから聴こえてくるようなくぐもったモノラル音でそれは今の気分にふさわしいけれど、やはりもう少し鮮明な音で聴きたくなりグスタフ・レオンハルト指揮によるマタイを聴きはじめた。

リヒターによる峻厳と古楽器による軽やかさの間にあって絶妙な(奇跡的な)バランスを持っているこの演奏は、僕には全てのマタイの基準になっていて、ともすれば沈みがちな気持ちを整えてくれるよう。
[PR]

by maru33340 | 2016-04-17 21:43 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 16日

心塞がる思いに

あの東北の地震から5年目の春。
その痛みも消えないのに熊本でまた大きな地震が起きた。
どちらも原発を抱えて…
明日から高松出張の予定だったけれど、地震の範囲も広がっており、中四国地方の天気も大きく荒れる予報のため延期となった。
これは果たして天災なのか。
もはや人災ではないのか…
無力感にさいなまれ、いたたまれない気持ちになる。
[PR]

by maru33340 | 2016-04-16 22:56 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 05日

古楽の憂愁、散る花びら

f0061531_6301384.jpg

朝起きて窓を開け部屋の空気を入れ替えNHKFMの「古楽のたのしみ」を聴く。

イタリアルネサンス時代の雅やかでいて淡い憂愁をおびた音楽は、桜の花びらが雨風のため散りはじめ道々を白く彩るこの季節にふさわしいよう。
[PR]

by maru33340 | 2016-04-05 06:30 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 03日

曇り空の下の桜並木

f0061531_6531940.jpg

f0061531_6531989.jpg

昨日は休みだったけれど、職場近辺の並木の桜が満開になったのでカメラを持って撮影に出かけた。

この道は私道だから一般の人は通れないので、桜並木の下を一人歩く贅沢を心ゆくまで堪能できる。

今の職場に来てから四度目の春を迎えるけれど、年々桜を眺める時に感じる哀惜の想いは深まるばかり。

今開催中の展覧会は今日で終わるので、行く春を惜しみ、昨日今日の二日間限定で展示室に桜の一輪挿しを飾った。
[PR]

by maru33340 | 2016-04-03 06:53 | お勧めの本 | Trackback | Comments(3)
2016年 04月 01日

春になるとその詩を思いだす

今日から四月。
春になるといつも少し古風で愁いをおびた三好達治のこの詩のことを思い出す。
今年は京都奈良を散策したばかりだからなおさらに。

甃(いし)のうへ

三好 達治

あはれ花びらながれ
をみなごに花びらながれ
をみなごしめやかに語らひあゆみ
うららかの跫音(あしおと)空にながれ
をりふしに瞳をあげて
翳(かげ)りなきみ寺の春をすぎゆくなり
み寺の甍(いらか)みどりにうるほひ
廂廂(ひさしひさし)に
風鐸のすがたしづかなれば
ひとりなる
わが身の影をあゆまする甃のうへ

『測量船』1930年(昭和5)
[PR]

by maru33340 | 2016-04-01 06:56 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)