新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 01日

理想のショパンとは

f0061531_2237040.jpg

青柳いづみこさんの新刊『ショパン・コンクール』(中公新書)はとても興味深い本だった。

2015年のショパン・コンクールの裏側を生々しく描いたレポートは、クラシック音楽と言えども国や師匠の政治的な思惑と無縁ではなく、当然の事とは言え「コンクールとは一体何だろう?」と考えさせられてしまう。

また、ショパン演奏の2つの流れ(「ロマンティック派」と「楽譜に忠実派」)を軸とした(時に辛辣な)演奏評は青柳さん自身優れたピアニストだからとても説得力がある。

しかしこの本はそれだけに留まらない様々な問題提起を(主にエッセイで)読むものに投げかける。
特に最後のエッセイ(「ディーナ・ヨッフェとの対話」)ではコンクールの未来、ピアニストの人生にまで射程が及びあれこれと考えを誘う。

更に僕が刺激を受けたのは「2015年の神はソコロフ」というエッセイ。
2015年のショパン・コンクールのファイナリストの中の9名へのインタビューにおいて何と7名のピアニストが「理想のピアニストは誰か?」という問いかけに対して「グレゴリー・ソコロフ」の名前を挙げているのだ。

僕は恥ずかしながらソコロフの演奏を聴いたことがなかったので、果たしてそんなに凄い現役ピアニストがいるのかしら?と半信半疑ながら少し気になりAmazonで「ザルツブルク・リサイタル」というアルバムを取り寄せ聴いてみた。

そしてソコロフというピアニストが空前絶後のピアニストであると初めて知った。

リサイタルはモーツァルトのピアノ・ソナタ2曲とショパンの前奏曲。
そこに6曲!のアンコールが加わる。

モーツァルトではアダージョ楽章が、まるでシューベルトの晩年のソナタのように深くデモーニッシュに響き唖然とする。

そして何と言ってもショパンの前奏曲の凄さには言葉を失ってしまう。
先のコラムでディーナ・ヨッフェが「ポーランドでは柔らかくシンプルな演奏が好まれるようですが、私自身はショパンをもっと激しく、単に綺麗なだけではなく複雑で深い音楽ととらえています」と語っているけれど、ソコロフのショパンは本当に激しく複雑で深い音楽になっていて、まるでシェイクスピアの最良の舞台を見ているように、時に深淵でありながらユーモラスでもあり、繊細さと暴力的なまでの力強さが同居し、聴いていて魂を鷲掴みにされて激しく揺さぶられるような感覚に充たされ、まるで自分の細胞の1部が入れ替わってしまったようなカタルシスがあるのだ。

こんな音楽はもしかすると初めてかも知れない。

ソコロフ、こんなに怖ろしいまでのピアニストがいたとは…
[PR]

by maru33340 | 2016-10-01 22:37 | 未分類 | Trackback | Comments(8)