新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 12日

『騎士団長殺し』から『ドン・ジョヴァンニ』へ

f0061531_9521842.jpg

村上春樹の新刊『騎士団長殺し』では一枚の日本画が重要な役割を持つけれど、いつもの彼の小説にも増してクラシック音楽も直接そのテーマに関わってくる。

中でもタイトルからしてそのものズバリのように『ドン・ジョヴァンニ』はこの小説に通奏低音のように流れ続けているから、読みながら聴きたくてたまらなくなってくる。

演奏はやはり重厚で迫力のあるオットー・クレンペラーによるものが、冒頭の一音から僕を引きこんで込んで離さない。
[PR]

by maru33340 | 2017-03-12 09:52 | お勧めの本 | Trackback | Comments(5)
2017年 03月 08日

久保田万太郎のことなど

f0061531_20381674.jpg

長編小説を読み終えた後はあまり長い物語を読むような心持ちになれないので、本棚から久保田万太郎の俳句を集めた本『こでまり抄』(ふらんす堂)を取り出して眺める。

小振りですっきりとした装幀も好ましい。

久保田万太郎は浅草に生まれた小説家・劇作家・俳人。
若い時にも少し読んだけれど、この歳になって再読するとその俳句がじんわりと心にしみるよう。

いくつか。

ぬれそめてあかるき屋根や夕時雨

年の暮れ形見に帯をもらひけり

あきかぜのふきぬけゆくや人の中

湯豆腐やいのちのはてのうすあかり

小でまりの花に風いで来たりけり
[PR]

by maru33340 | 2017-03-08 20:38 | お勧めの本 | Trackback | Comments(6)
2017年 03月 07日

村上春樹の新刊は

f0061531_622417.png

村上春樹の新刊『騎士団長殺し』(第1部・第2部)を読了。
僕は『風の歌を聴け』以来村上春樹の新刊を読み続けてきた(最近はちょっとマンネリ気味で惰性で読んできた)けれどこの作品には引き込まれ一気に読了した。
その理由は3つ。

第1に、この作品には彼の小説の重要な要素(壁、穴、謎、異空間等etc.)がほぼ含まれていて、まるで村上春樹作品の見本市のように楽しめること。

第2に、プロットがシンプルで謎に導かれてぐいぐい読ませる力があること。

第3に(個人的にはこれがツボだったけど)主人公(クラシック音楽好き)が画家(肖像画家)で、「雨田具彦」という画家による謎の日本画が作品の鍵になっていること。(記憶にある限り村上春樹の長編小説で絵画が鍵になっている小説はないように思う)

そんなわけで、もし「まだ読んでないけどこの小説は面白いかなあ…」と思っている方がいらっしゃったら「もし絵画(とクラシック音楽)に興味がおありでしたら、面白いことは請け合いますのでまずは読んでみて下さい」とお薦めしたいと思います。
[PR]

by maru33340 | 2017-03-07 06:22 | お勧めの本 | Trackback | Comments(5)