新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 20日

ラジオから聴こえる音楽

停電対策として遅ればせながらラジオを買いに行った。

勿論携帯用のラジオの在庫は全くない。

やむなく一番安価なCDラジカセ(カセット機能がなくてもラジカセとはこれいかに?)を買って帰ったのはいいが、肝心の電池(単2電池が8本必要)の在庫がない。

何件かの家電量販店やドラッグストアを回ったが、何処も品切れ。

ふと思い立ち近所の商店街の荒物屋に立ち寄るとちょうど単2電池の在庫が8本だけ残っていた。
若社長らしい男性は「もうこれだけしかないので全部はちょっと…」と渋るが「ラジオを買ったけどどこにも電池がなくて」と困っている現状を訴えると、やり取りを聞いていたお母さんらしき女性が「いいよいいよ売ってあげなよ、困ってるんだから」と取りなしてくれ、無事に電池を手に入れた。

ようやく安心して聞くラジオからは、カーペンターズの曲が流れてきて、なんだか泣きそうな気持ちになってしまった。
[PR]

by maru33340 | 2011-03-20 17:47 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/15687365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2011-03-20 18:03
停電の夜はラジオは有難い。我が家は地震の前に乾電池が切れたのに買わないでいたものだから、、。
Commented by k_hankichi at 2011-03-20 19:23
ラジオから聴こえてきたのがカーペンターズ・・・。しみじみとそして明るい時代を反映しているからこそ、悲しいですね。いま、なかなか音楽を集中して聴けません。
Commented by maru33340 at 2011-03-20 20:12
saheiziさん
電池も単一や単三は随時入荷しているようですね。
Commented by maru33340 at 2011-03-20 20:13
はんきちさん
あのカレンの声が胸にぐっとくるのです。


<< 『ぼくが真実を口にすると 吉本...      飛行機の窓から >>