新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 29日

グールドとの接近遭遇

グレン・グールド演奏による素晴らしいバード/ギボンズ作品集を聴きながら、少し彼の経歴を見ていたら、グールドの生まれたのは1932年9月25日、命日は1982年10月4日であった。

偶然にも、ちょうど僕が静養しながら漱石とグールドに想いを馳せている期間に重なっている。

最近なんだかこういうシンクロニシティに出逢う事が増えてきた。

来年はグールド生誕80年であるとともに、没後30年でもあるのだ。
[PR]

by maru33340 | 2011-09-29 22:43 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/16621077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2011-09-29 23:02
ああ。奇遇なりだなあ。日付の重なりというのは、なにか強い縁(えにし)というものを感じるね。

そして50の30か。生きていたら80だ(そこいらの泡沫政治屋さんと交代してもらいたし、である)。

来年が、なんだか楽しみになってきたね。
Commented by maru33340 at 2011-09-30 07:42
間もなくグールドの伝記映画も公開されるなり。見に行かなくては。
Commented by 畑山千恵子 at 2012-07-30 11:35 x
私もグールド映画を見に行きました。マイケル・クラークソンのものは、道出版から岩田佳代子さんの訳で出ましたが、悪訳、おかしな訳、誤訳、原書の読み落し、おかしな人名・地名表記が続出しているひどい内容のもので、呆れています。
今、新版作成中で、時期を見ての出版になります。


<< 来週から仕事に復帰      グールドによるバード/ギボンズ作品集 >>