新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 08日

カレル・アンチェルのショスタコーヴィチ

アンチェルではマーラーの9番が想像を大きく上回る名演で、この指揮者があまり話題にならないのを不思議に思った。

(ちなみにラインスドルフのマーラーも名演の割に話題にならないのも不思議。)

昨日は、夕方神保町に行きアンチェル指揮によるショスタコーヴィチ交響曲の五番とブラームスの交響曲一番を見つけて購入した。

今、ショスタコーヴィチを聴き終え、これもまた名演であると感じ入った。

特に二楽章の苦い味わいと三楽章の寂寥は、この曲のイメージさえ変えてしまうほど素晴らしい。

1961年の録音なのに、まるでオーケストラが目の前にいるように鮮明な事にも驚愕した。

アンチェル恐るべし。
[PR]

by maru33340 | 2012-09-08 17:10 | お勧めの本 | Trackback(3) | Comments(4)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/17946564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2012-09-15 16:04
タイトル : スヴェトラーノフ&ロシア国立響のマーラー:交響曲全集
濃厚な情念が大爆発した第6番の凄まじい演奏をはじめ興味深い演奏が揃った全集である。 ... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2012-09-16 12:15
タイトル : インバル&都響のショスタコーヴィチ:交響曲第5番
何よりも、楽曲に対する追求度が徹底しており、そもそも演奏のものが違うという印象だ。 ... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2012-09-19 12:43
タイトル : カラヤン&ベルリン・フィルのブラームス:交響曲第2番、第3番
ブラームスの作品演奏で最も肝心なことはアンサンブルの精妙さである。 ... more
Commented by k_hankichi at 2012-09-09 10:24
当時のスプラフォンは、すごい録音が目白押しでしたね。アンチェル、ちょっと調べたら、こんな歴史があったということで、感慨しきりです。

Wikiより。“1939年にチェコがナチス・ドイツの支配下に入ると、ユダヤ系だったアンチェルはプラハ響を追われ、家族全員が1942年11月12日にはテレジーンの強制収容所に送られる。さらに1944年10月15日にはアウシュビッツに移送、収容所で家族は虐殺され、アンチェルのみが生還した。”
Commented by maru33340 at 2012-09-09 21:49
そうなんだ。それを知り、ショスタコーヴィチの三楽章を聴くと、その痛切が一層胸を打ちます。
Commented by k_hankichi at 2012-09-10 06:33
そのショスタコーヴィチの第五番を日本初演したのが、山田一雄だそうで、昨日は、私ではなく妻が友人と、彼の業績を讃える記念コンサートを聴いてきました(山田の生誕100年の年であるらしい)。

演目はもちろんそのショスタコーヴィチ。小泉和裕指揮、博神奈川フィルハーモニー。

妻は初めて聴いた曲らしく、「何だか重々しく勇ましい曲、パーカッションが華々しかったぁ~」 。

駅まで迎えに行ってあげた車のなかで、こんな曲だったろ、こうだろ、と口で曲マネをして歌ってやると、「あぁ~、それそれ、そういうやつ」。

なお真似をしていると、「やかましい~」。

移動コンサートルームは玉砕しましたです、はい。
Commented by maru33340 at 2012-09-10 12:52
山田一雄とは懐かしいお名前です。
マーラーを良く聴きましたなあ。


<< グールドによるトッカータ      ポゴレリッチのイギリス組曲 >>