人気ブログランキング |

情熱とため息と セルゲイ・ハチャトリアンによるブラームス・ヴァイオリンソナタのこと

友人から教わったセルゲイ・セルゲイハチャトリアンによるブラームス・ヴァイオリンソナタを聴く。

ピアノは姉のリシーネ・ハチャトリアン。

これは素晴らしいブラームスだ。

僕が今まで一番好きなブラームスのヴァイオリン・ソナタの演奏は、オーギュスタン・デュメイ(ピアノはジョアン・ピリス、最近はピレシュと表記するとのこと)によるもの。

ギュメイの演奏は、プチチナのように輝く美音が天を駆け抜け回るように舞い、およそブラームスを形容する時に使う「いぶし銀」とは遠い、華やかでロマンティックな世界が繰り広げられる。

その意味では、ブラームスらしくない異色の名演と言えるかも知れない。

ハチャトリアンの演奏は、ゆったりとした呼吸で一つ一つの旋律が丁寧に歌われ、その微かなヴィブラートの効果も相まって、聴いているとブラームスの心模様まで透けて見えてくるような気がする。

その演奏は緩やかだけど、随所に内省的な情熱を感じ、そこに憂い顔の王子がたたずむような気配を見せる。

そして、王子は時折深いため息をもらし、姉はそっと寄り添う・・・

そんなラファエル前派の絵のような風景を感じさせるブラームスは、休日の夕方、少し傾きかけた冬の弱い陽射しを眺めながら聴くのにふさわしい音楽だ。


ブラームス : ヴァイオリン・ソナタ集 (Brahms : Sonatas / Sergey & Lusine Khachatryan) [輸入盤]

セルゲイ・ハチャトリャン / Naive



ブラームス : ヴァイオリン・ソナタ第1番

デュメイ(オーギュスタン) / ポリドール


トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/23675866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by およう at 2015-02-15 19:45 x
デュメイとピリスは仲の良いお二人ですので情熱的なのでしょうね^^ お若いお二人はご姉弟・・・聴かなければ!(^^)!
Commented by k_hankichi at 2015-02-15 19:45
maruさん、
「聴いているとブラームスの心模様まで透けて見えてくる」。
そうなんです。彼の心はブラームスになっているのかもしれません。
Commented by maru33340 at 2015-02-15 20:53
おようさん
これは良い演奏です。
お薦め!
Commented by maru33340 at 2015-02-15 20:54
はんきちさん
そうだねえ。
Commented by primex64 at 2015-02-17 17:09
ブラのソナタ、出ていたんですね・・・。
かなり前ですが、彼らのフランクは聴いていて好印象でした。

http://musicarena.exblog.jp/8857056/
Commented by maru33340 at 2015-02-17 19:57
はい、僕も友人から教わりました。
良い演奏です。
by maru33340 | 2015-02-15 16:34 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(6)

音楽・本・映画などについての私的な感想


by maru33340
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る