新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 01日

「雨の樹」のこと

f0061531_6492631.jpg

昨夜、夜中に喉が渇き冷蔵庫からミネラルウォーターを取り出し飲んでいた時、ふいに「雨の木」という言葉が頭に浮かんだ。

おそらく随分昔に読んだ大江健三郎の小説の一節に「夜なかに驟雨があると、翌日は昼すぎまでその茂りの全体から滴をしたたらせて、雨を降らせるようだから「雨の木」と呼ばれている木がある」というような言葉があったから、水を貯えようとしている自分が「雨の木」のように思えたのかも知れない。

目が覚めてしまい、そういえば武満徹にその小説にインスパイアされた「雨の樹」という曲があったことを思い出し、高橋アキさんのピアノによる演奏を聴き始めた。

その音楽はとても美しく、今目の前で大きく傘を広げた樹から透明な雨が滴り落ちるのを見ているようで、生まれたばかりの音たちが僕の身体に沁み込んでくるような気がした。
[PR]

by maru33340 | 2017-12-01 06:49 | お勧めの本 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/28783050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2017-12-01 17:26
これはまた、小説の一節のような夜だなあ。その音楽聴きたいなあ。
Commented by Oyo- at 2017-12-01 20:30 x
雨の樹のようなmaru殿^^ 暖かな暖炉の傍で師走に入った冷えた身体に潤いくつろぐ姿が浮かびます。
Commented by maru33340 at 2017-12-01 21:24
はんきちさん
はい、何だか不思議な連想でした。
この武満アルバム美しいよ、とても。
おようさん
不思議な不思議な夜でした。


<< 今日は一日ラヴェル三昧      久しぶりの「スターバト・マーテル」 >>