新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 27日

暮れに聞きたくなる落語は

f0061531_8101651.jpg

いつもさへいじさんのブログを読みながら「ああ、寄席に行きたいなあ」とため息をついている。

中学生の頃偶然テレビで落語を見て以来、すっかりその語りの世界に魅せられた。
演目は確か先代三遊亭円楽の語る「中村仲蔵」。
歌舞伎の世界を描いたこの渋い噺をどれだけわかったのか心もとないけれど、以来今に至るまで時々寄席に行ったりしながら細々と聞き続けている。

暮れになると聞きたくなる落語は「文七元結(ぶんしちもっとい)」。
娘を見受けする金を、あづま橋から身投げしようとしていた見ず知らずの若者に与えて救った(もう愚か寸前の)江戸っ子の心意気は、何度聞いても心打たれます。

そうだ、今夜はこの噺を聞きながら眠ろう。
[PR]

by maru33340 | 2017-12-27 08:10 | お勧めの本 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/28982261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2017-12-27 11:33
やっぱり落語に心落ち着きますね。若い頃はそれほど聞いていなかったですが最近好きになりました。
Commented by maru33340 at 2017-12-28 05:42
良いよねえ、落語。
Commented by saheizi-inokori at 2017-12-28 10:56
落語がなかったら、、あえて好かった花いちもんめ。
Commented by maru33340 at 2017-12-28 20:20
落語に助けられた夜もありました。
Commented by Oyo- at 2017-12-31 16:17 x
新年はどちらですか?良いお年を!^^
Commented by maru33340 at 2017-12-31 16:39
おようさんもどうぞ良いお年を!


<< 2017年の本・音楽・映画&ド...      久しぶりに本屋へ >>