新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 14日

冬の朝の『時間』

f0061531_6554244.jpg

冷たさが指先にまで染み透るように寒い朝、山の端が少し明るく染まるのを眺めながらふと吉田健一の作品『時間』の冒頭の文章を読み返したくなった。

「冬の朝が晴れていれば起きて木の枝の枯れ葉が朝日という水のように流れるものに洗われているのを見ているうちに時間がたっていく。どの位の時間がたつかというのではなくてただ確実にたっていくので長いのでも短いのでもなくてそれが時間というものなのである。」

何度も読んだ文章なのに読み返す度に「良いなあ」と思う。

この文章にはこの本の主題が全て現れていて、この一冊の長編評論はこの主題による変奏曲なのかも知れなくて今まで一度も最後まで読み通せたことはないのに、生涯で一番好きな本であり続けている。
[PR]

by maru33340 | 2018-02-14 06:55 | お勧めの本 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/29555462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2018-02-14 13:36 x
どちらかで読んだような気がしますが新刊のようですね。
本屋さんに行ってみましょう^^
Commented by k_hankichi at 2018-02-14 17:43
良い良い。これさえあれば一日中ゆったりしていられる。焦らない。たゆたう。酒も呑む。移ろいを眺め楽しむ。
Commented by maru33340 at 2018-02-14 21:04
おようさん
こちらは講談社文芸文庫の既刊になります。
良いですよ!
はんきちさん
もしかすると無人島に持っていく1冊はこの本かも知れぬ。


<< 変わらない日本といふもの      傑作『スリー・ビルボード』を観る >>