新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 09日

セガンティーニは語る、何を?

f0061531_1023912.jpg

最近時々発生するシンクロニシティ。

右は先日銀座の山野楽器で求めたマーラーの「大地の歌」のジャケット。
左は昨日久しぶりに聴きたくなり棚から取り出したフォーレのピアノ五重奏曲のジャケット。

何となく枝振りが似ているなあと思っていたら(トリミングしてあるから直ぐには気づかなかったけど)どちらも同じイタリアの画家セガンティーニの絵「悪しき母」によるジャケットでした。

この絵は僕に何を伝えようとしているのでしょうか?
[PR]

by maru33340 | 2018-03-09 10:02 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/29639383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2018-03-09 21:41
それも凄い一致なんだけれど、それよりもだいたいにおいて、ヘレヴェッヘのマーラーなんですね!!!!

どない内容なんやん。
Commented by maru33340 at 2018-03-09 23:05
ヘレヴェッヘエ~???
と思うかも知れない
しかし良いのです
スコアが透けて見えるようで普通は聴こえない音が聴こえるんやで~
Commented by Oyo- at 2018-03-10 13:30 x
アルプスの画家セガンティーニ!
この荒涼広大イメージはフォーレ、マーラーにも繋がりそして明日の東日本大震災日!!フォーレの晩年作第2番を聴きます。「悪しき母」の題のついた絵を見ながら・・・。
Commented by maru33340 at 2018-03-10 22:02
おようさん
このセガンティーニの絵はアルプスの画家のイメージとは一味違った世紀末の香りがしますね。


<< さすがにそれは駄目だ      花に嵐の >>