新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 19日

深い知性と厳しさに満ちたクープラン

f0061531_7291176.jpg

先日入手したフランスのクラブサン奏者ブランディーヌ・ヴェルレ(1942年生まれ)によるフランソワ・クープランの音楽がとても気に入り朝晩飽かずに聴いている。

穏やかなテンポ、節度ある装飾音、気品ある音色に加えて録音もとても良く、雅な中に微かな哀しみのにじむフランス・バロック音楽を聴く喜びに満たされる。

このアルバムはそのヴェルレが1751年製のクラブサンを使い演奏したクープランの二枚組のアルバム。
ジャケットの彼女の肖像画からは深い母性と知性と共に音楽への厳しい姿勢がじわじわとにじみ出てくるようだ。
[PR]

by maru33340 | 2018-04-19 07:29 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/29730703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2018-04-19 07:43
クープランのちょっと乾いたメロディに癒されたい。
Commented by maru33340 at 2018-04-19 07:51
癒されまする。


<< 『脇役本』を見つける      叙情的で幻想的なプロコフィエフ >>