新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 21日

『脇役本』を見つける

f0061531_863114.jpg

先日本屋で『脇役本』(ちくま文庫)という本を見つけ、学生の頃から映画やドラマの渋い脇役が気になるたちだったから迷わず入手した。

加藤嘉、浪花千栄子、天本英世、加藤大介、浦部粂子等々僕の好きな俳優たちの名前がズラリと並ぶ。

しかも良く見れば「脇役についての本」ではなく「脇役の書いた本についての本」でした。

一体誰が読むのかという位に渋いにも程がある本だけど、僕を含めて少なくとも二人は読者はいるだろう(^^;
[PR]

by maru33340 | 2018-04-21 08:06 | お勧めの本 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/29735032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2018-04-21 17:42 x
脇役でその映画が決まるほど重要人物たち・・ですね^^
Commented by k_hankichi at 2018-04-21 21:16
読者になります。
Commented by maru33340 at 2018-04-22 06:25
おようさん
脇役はほんとうに映画を引き締めますね。
はんきちさん
実に愉快な本なり、これは。


<< ようやく読了した『雪の階』のこと      深い知性と厳しさに満ちたクープラン >>