新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 30日

映画『ウィンストン・チャーチル(原題:DARKEST HOUR)』を観る

f0061531_19302644.jpg

観たいと思っていた映画『ウィンストン・チャーチル(原題:DARKEST HOUR)』を観る。

見所はやはり本年度アカデミー賞主演男優賞を受賞したチャーチル役のゲイリー・オールドマンの演技と、同じくアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘らによる特殊メイク。

メイクはどこから見ても自然で驚くばかりだし、意固地でありながらユーモラスで人間的魅力に溢れたチャーチル像を作り上げたゲイリー・オールドマンの演技は素晴らしい。

ラスト近くの地下鉄でのチャーチルと市民との対話と最後の演説の場面にはグッと胸を打たれた。

古典的で映画の王道を行く映像と音楽も良く、安心してその世界に浸る事が出来る。

新たな歴史映画の名作の誕生です。
[PR]

by maru33340 | 2018-04-30 19:30 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/29756852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oyo- at 2018-04-30 21:32 x
あ、観に行かなければ(^_^)v
Commented by k_hankichi at 2018-05-01 05:49
あの市民との対話は、胸の奥深くから感銘が押し寄せます。
Commented by maru33340 at 2018-05-01 07:46
おようさん
お薦めです!
はんきちさん
そう、君は観たのだったね。あのシーンはこの映画の白眉だったねえ。
Commented by Oyo- at 2018-05-01 19:37 x
もうすぐ終わるので観てきました^^ シャンテで。
チャーチルの人間っぽいところがよく出ていてもっと彼を知りたくなっています(*^^)v


<< ボトムアップの組織作り      福永武彦はもはや誰も読まないか問題 >>