新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 19日

目には青葉 山ほととぎす 初鰹

昨夜から吹いていた強い風は収まり雨もやんだよう。

少し窓を開ければひんやりとした空気の中、鶯や雀の鳴き声に交じり、ふいに「テッペンカケタカ」という一際高い鳥の鳴き声が聞こえた。

この鳴き声は何だったかとしばし考えホトトギスだったと思い出した。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」
(山口素堂)

という俳句があるようにホトトギスは初夏を象徴する鳥だったことを久しぶりに思い出しながらも、先日食べた旨い鰹のことが頭に浮かび「今夜は鰹をつまみながらハイボールを飲もう」と(朝から)心に決めた。
[PR]

by maru33340 | 2018-05-19 07:27 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/29797017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2018-05-19 10:01
いいなあ。そういう、ふとした思いが良い。鰹にハイボール、合いそう。
Commented by saheizi-inokori at 2018-05-19 10:06
ハイボール、なるほどなあ。
若いころはウイスキーをよく飲んだものです。
せんじつ同年配の酒好きが、最近はウイスキーの水割りにしているといっているのに驚きました。
私もやってみようかな。
Commented by Oyo- at 2018-05-19 10:48 x
いいですねー! あー、山あいに行かなければ・・・鶯、ホトトギスを風そよぐ空気の中で聞きながら・・・(^・^)
Commented by maru33340 at 2018-05-19 11:34
皆さま
暑くなってきたので、ハイボールがグッと美味しい季節になりましたね。
是非に!


<< 大人のためのラヴェル      ラヴェルの弦楽四重奏曲あれこれ >>