新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 05日

地球の重さを

この間のフジジテレビの『ぼくらの時代』という番組に建築家の安藤忠雄さんが出ていて(あの独特のダミ声の大阪弁で)こんな事を言っていた。
「私は、事務所に新しく入ってくる人に「あなたは地球儀を持っていますか?」と聞くんです。大概の人は持っていないから「自分で作って持って来なさい」というと、それぞれボールや粘土で作った地球儀を持ってくる。そういう経験を通して世界はどうなっていて、日本がどこにあり、どんな大きさなのかを改めて知るのです」
記憶で書いているから少し言葉使いは違うかも知れないけど、安藤さんは概念ではなくリアルなものとして地球というものを感じなさい、という事を言いたかったのかも知れない。

そんな安藤さんの言葉を思い出し、今、南フランスを徒歩で行脚している先輩の日々のフェイスブックの投稿を見ながら「先輩は今自分自身の足で地球を感じているのだなあ」と思い、果たして僕は今自分自身の身体で地球を(そこに今生きている自分を)感じているだろうか、とふと自省した。
[PR]

by maru33340 | 2018-06-05 19:33 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/29833924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2018-06-06 06:30
街や田舎を歩くことでも地球を感じますよ。だからmaruさんも大丈夫ですら、
Commented by maru33340 at 2018-06-06 07:24
そうかね。
そういうもんかね。


<< 昨日の誠 今日の嘘      平野啓一郎の『ある男』のこと >>