フォーレの聴いた響きで

f0061531_6432824.jpg

フォーレの歌曲全集は学生時代以来(30年以上ずっと!)スゼーとアメリングによる演奏を聴いてきて「これさえあれば」と思っていたけれど、今月カナダの4人の若い歌手によるフォーレの歌曲全集(CD4枚組)が発売されたと知り入手した。

これはとても良いアルバムだった。

4人の歌手の声は何れも素直で美しく、また特筆すべきは使用しているピアノが1859年製のエラールで、まさに作曲者のフォーレが聴いていたであろうピアノの響きであること。

その響きは少しひなびた優しく懐かしい音色で、聴き進めるにつれフォーレの歌が木漏れ日を浴びたセピア色の記憶の彼方から聴こえてくるような気がしてくる。

このアルバムを昨夜遅く「少しだけ」と聴き始めたら、その響きのあまりの心地よさについついほぼ1枚分聴いてしまいました。
[PR]
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/29886845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k_hankichi at 2018-06-21 07:15
「スゼー、いいよねぇ⤴︎、スゼー」という声色が、幻のようにこだまする。
こちらの音盤、ジャケットの色合いからして、まさにフォーレなり。
僕も最近はフォーレばかり聴いています。
Commented by maru33340 at 2018-06-21 07:50
スゼーは(その人の発音のように)少しピッチが不安定で(それが味わいなれど)時折聴いていて軽い船酔いみたいになる時があるのです(^^;
Commented by Oyo- at 2018-06-21 14:10 x
最近のmaru殿の音楽、最先端のCDが多くついて行けませんが^^情報に楽しみを感じます(*^^)v
Commented by maru33340 at 2018-06-21 21:14
おようさん
僕も新しいアルバムを聴くようになったのは最近の事です。
このアルバムはジャケットも爽やかで好ましいのです。
by maru33340 | 2018-06-21 06:43 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)

音楽・本・映画などについての私的な感想


by maru33340
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る