新・クラシック音楽と本さえあれば

maru33340.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 02日

ネヴィル・マリナーのブラームス

N響アワーでネヴィル・マリナーのブラームス交響曲第4番を聴く。

これは素晴らしいブラームスでした。

緊密でいて、すべての旋律が美しく有機的に絡み合う。
流麗でありながら力強い。
堅固なのにしなやか。

3楽章など、とても83歳とは思えないエネルギーに満ちている。

終楽章のパッサカリアは息も出来ないくらいの緊張感に満ちていながら、音楽が硬直したりせず常に流れている。

インタビューも大変面白かった。
そのインタビューの中で、マリナーの師でありブラームスの友人でもあったピエール・モントゥーが、生前「天国でブラームスに会ったら、満足な演奏が出来なかったとについて謝らなくては・・・」と語っていたというエピソードを紹介していましたが、今日のマリナーの演奏をブラームスが聴いていたらきっと満足してくれたのでは・・・

マリナーという指揮者がこんなにすごい人だったとは・・・
[PR]

by maru33340 | 2007-12-02 22:11 | クラシック音楽 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/6976448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ich at 2007-12-03 11:09 x
素晴らしいでしたねー!マリナー氏は「これのために生まれてきた」とおっしゃていました。音楽家としての最高の境地でいられるのでしょう!
Commented by maru at 2007-12-04 07:02 x
Ich様
聴いていらっしゃいましたか。
なんだか嬉しいです。
音楽からもインタビューからも演奏する喜びがじんじんと伝わってきましたね。
Commented by madamegrimm at 2007-12-04 13:14
ほんとうに!!
少しずつ、ベース、頑張ってください。


<< にっぽん心の仏像①      「良い音」の発見 >>