チーム男子

以前、映画『相棒』を見た時に、ストーリーの面白さもさることながら、水谷・寺脇の二人のチームの呼吸の妙が、この物語の成功の鍵であることに遅まきながら気付いた。

そういえば最近いろいろなドラマでこの「チーム男子」というコンセプトが取り上げられているなあと漠然と思いながら昨夜のバレーボールで日本男子チームがオーストラリアにストレート勝ちした試合を見ていて、泣き崩れる植田監督の姿にもらい泣きしながら、「もしかするとチーム男子の時代が来たのかも知れない。」と感じた。

視聴率全盛の時代にあって、男子バレーは成績不振もあり、どうも女子バレーの後塵を拝すような所があったけれど、昨日の男子バレーを見ていて、ここには連帯や忍耐、助けあいや挫折からの復活といった、今までどちらかといえばウザったいという言葉で片付けられていたコンセプトがあり、それが今とても新鮮で見ている人の心を打つ時代が来ている事を思わせた。

うーん、頑張れ日本男子!
[PR]
トラックバックURL : https://maru33340.exblog.jp/tb/8315246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なほ at 2008-06-08 22:15 x
まったく同じ思いを感じながら応援、観戦してきました。
イタリア戦の逆転負けにも関わらず
何か予感するものがあり全試合テレビ観戦していました。
選手はもちろんのこと、ファンも諦めずに応援し
それが報われた時の喜びがいかに大きいものかを
改めて知った予選だったと思います。
ボールを追いかけコートにへばりついては
何度も立ち上がり粘り強いプレーを続けた選手たち・・・・

ここはただ素朴に復活を喜びたいものです。
by maru33340 | 2008-06-07 09:45 | 日常 | Trackback | Comments(1)

音楽・本・映画などについての私的な感想


by maru33340
プロフィールを見る
画像一覧