2010年 07月 24日 ( 2 )

天才ちあきなおみによる「港が見える丘」

you tube を検索していて、ちあきなおみの唄う「港が見える丘」の映像を発見した。

これはもう完全に楽曲を自分自身のものにした天才の歌唱。

港にちらりほらりと落ちる花びらが見えるような幻覚を感じました。


[PR]
by maru33340 | 2010-07-24 12:51 | TV | Trackback | Comments(2)

明晰な精神で彩られた、ジャン・マルティノンのドビュッシー

ドビュッシーの管弦楽曲はどうもなんだかもやもやしていて、その割には曲によっては妙に騒がしくて、なんともその全体像を捕えがたい感じがしていた。

しかしジャン・マルティノン指揮フランス国立放送局管弦楽団によるドビュッシーを聴いて、その明晰で透明、どんなに音が重なっても濁ることのない響きに魅了され、ドビュッシー感が変わった。

これはライナーノーツで丸山桂介氏が書いているように、「パリのノートルダム寺院のステンドグラスのように、空気の中に、純粋な響きだけが響いている、ドビュッシーの精神の核のようなもの」を感じさせる名演だ。
[PR]
by maru33340 | 2010-07-24 11:14 | お勧めの本 | Trackback | Comments(2)

音楽・本・映画などについての私的な感想


by maru33340
プロフィールを見る
画像一覧