2018年 10月 13日 ( 1 )

突然の『マタイ』

f0061531_8132411.jpg

今朝何気なくFMラジオをつけたら「合唱の楽しみ」という番組の中でジョン・エリオット・ガーディナー指揮 イングリッシュ・バロック・ソロイツス モンテヴェルディ合唱団らによる『マタイ受難曲』(1988年)が流れてきた。

この演奏はCDも持っていて好きな演奏だったけれど、久しぶりに『マタイ』を聴くのと、それを聴くための心の準備が出来ていなかったこともあって、冒頭の「娘たちよ来なさい、共に嘆こう」の音楽が不意打ちのように真っ直ぐ心に突き刺さり、哀しみと喜び、嘆きと祈りという相反する感情が入り交じり、身体が震えるような感覚に襲われた。

改めてそのアルバムを探しだし同曲を聴き返したけれど、最初のような強い感情は戻ってはこなかった。

あの感覚は何だったのだろう。
[PR]
by maru33340 | 2018-10-13 08:13 | お勧めの本 | Trackback | Comments(4)

音楽・本・映画などについての私的な感想


by maru33340
プロフィールを見る
画像一覧